<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

愛農 三重県建築賞

e0079037_1402662.jpg
三重県建設業協会主催の「三重県建築賞会」で我々の設計した愛農高校森館小谷校舎が会長賞に選定された。もっとも価値のある表彰が県知事賞でありそのほかに県内の設計者施工者に限定の賞が二つあり、会長賞がある、という位置づけである。。知事賞はRIAの設計した集成材による保育園であった。県外の設計者である私たちの仕事の会長賞としての評価はこの知事賞に続く評価ということだろう。当日表彰式会場に赴いた。校長先生、福田豊工務店社長と一緒に表彰状と記念品を受ける。配布された資料にあった審査委員による講評は実に的確に我々の仕事を理解し評価していただいたことを示す綿密なものであった。学校にとってもまた工務店にとっても今回の表彰はうれしい出来事であろう。もちろん我々設計にたづさわったものにとっても。
これを機会にぜひ愛農学園のHPをご覧いただきこの学園について改めてを知っていただきたい。新たに動画での学校紹介がなされていてよくこの学園の様を表現している。この学園の理想が少しずつ実現していくことを願う。
http://www.ainou.or.jp/gakuen/
by noz1969 | 2014-06-29 10:49 | 日記

三加和小中学校記事 日経アーキテクチュアに

日経アーキテクチュアの最新号が木造の比較的大架構のものを特集している。三加和の記事もある。山辺さんとの試行錯誤のプロセスが紹介されています。ご覧ください。
by noz1969 | 2014-06-23 11:17 | 日記

国立さんを囲む会

国立競技場の建替えの話は本当にヘン。というか、この国のデモクラシーの行き詰まりの現れだろう。だから強引なところが安倍さんとおなじ。これに声高に言うオルターナティブもいけないわけではないが、正面からでは同じ穴の狢?「国立さんを囲む会」という試みはそうした中での知恵かも。名前からして真性オルターナティブのにおい。7月5日15時 ご参加を。

http://kokuritsu.sakura.ne.jp/
by noz1969 | 2014-06-20 13:36 | 日記

パッシブデザインコンペ

パッシブデザインコンペが公示されています。パッシブデザイン協議会主催

http://www.passive-design.jp/seminar/index.php

私のほか難波和彦、秋元孝之、清家剛、野池政宏の諸氏が審査委員です。多くの方々の応募を期待しています。

(住宅部門)
パッシブデザインに配慮した住宅(リフォーム含む)の実物件および計画案。
※パッシブデザインの観点からの事前評価(温熱および省エネ性能)、事後検証(温湿
度およびエネルギー消費量実測)を実施しているものは、評価の加点対象となります。
(施設・建築部門)
パッシブデザインに配慮した施設物件の実物件および計画案。
また、パッシブデザインを導入する上で採用する技術(製品・計画手法など)も対
象とします。
※パッシブデザインの観点からの事前評価(温熱および省エネ性能)、事後検証(温湿
度およびエネルギー消費量実測)を実施しているものは、評価の加点対象となります。
by noz1969 | 2014-06-17 17:28 | 日記

自宅 夏姿

e0079037_16331856.jpg
久しぶりに晴れた。我が家の栴檀、花はだいぶ前に終わり 今 緑が盛りである。大きな影を落としている。南面の窓に例年通りよしずを吊るした。裏の窓のゴーヤのネットにつるが上り始めている。今年は朝顔も植えている。団子ばかりではなく花も見よう、という欲張りである。
by noz1969 | 2014-06-13 12:08 | 日記

岩本組倒産

昨日 Mさんから電話。岩本組が民事再生法の適用を申請、との話であった。長年良質な建築を作ってきた中堅工務店の倒産に驚く。吉村さんの仕事などでなじみがあり、私も数度仕事をしてもらった。
建設不況から一時のバブルの様相を呈しているかに見えていたのだが、状況はそんなに甘くはないのかもしれない。堅実でまともな仕事をする工務店ほど厳しい状況なのではないか。一方で安価でとても長期は持ちそうもない景観をもまったく配慮のない建築が蔓延している。こちらは高い利益率を誇り実はきわめて儲けているのである。

帝国データバンクより転載
「東京」 (株)岩本組(資本金2億400万円、東京都北区田端1-23-16、代表鈴木豊彦氏、従業員52名)は、5月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は丸山幸朗弁護士(東京都千代田区大手町2-6-1、電話03-3272-0101)。監督委員には澤田和也弁護士(東京都港区虎ノ門1-4-2、電話03-5510-7703)が選任されている。

 当社は、1933年(昭和8年)5月創業、44年(昭和19年)3月に法人改組した。一般個人から受注金額1億円以上の高級注文住宅やマンション、アパートなどの集合住宅、公務員宿舎などの建築工事、不動産賃貸のほか、官公庁の入札に参加して小中学校などの文教施設や公務員宿舎等も受注。近年は収益性の観点から下請受注を抑え、元請での受注を強化。東京都内を中心に、千葉県や埼玉県などをはじめとした関東近県でも営業を展開し、2001年12月期には年売上高約64億2600万円を計上していた。

 しかし、建築基準法改正の影響などから受注が減少し、2011年12月期の年売上高は約39億8500万円に減少。そうしたなか、近年の建築費用の高騰などから、昨年度に実施した公共工事において大幅な赤字を計上し、資金繰りが困難となったことから、自力での再建を断念した。

 なお、今後はスポンサーの援助を受けることも視野にスポンサー候補者とも協議を行う方針。

 負債は2013年12月末時点で約32億8800万円。
by noz1969 | 2014-06-11 11:40 | 日記

公共建築賞授賞式

昨日公共建築賞の授賞式があった。立川市庁舎での優秀賞受賞だ。会場が文京区春日、文化シャッターのホールであった。このホール、私は初めての訪問である。関東エリアでは6つの建築が表彰の対象であった。建設時を通じてもっとも多くの仕事を担った古川さんが市から参加、表彰状を受けた。われわれも表彰状をいただく。この賞は市としてもぜひほしいものであったと聞く。審査委員長の講評を聞きながら この公共建築賞という顕彰が建築作品としての質のほか、運用の面、企画の面、など なるほど公共建築賞らしい評価点によるということを新ためて確認する。市民による構想の策定、市民委員会のかかわりなどを思い出しながら こうした取り組みが評価されたのだと安堵した。できれば市民の代表がこの席にいればなおよかったが。

今回表彰されたエリアごとの最優秀は全国で23作品 関東エリアがそのうち6点だからほかに17作品が各地で表彰されたことになる。この先 建築用途ごとに全国でひとつづつが最優秀賞となるとのこと。先週このための二度目の現地審査もあったのだが さてどうなるであろうか??
by noz1969 | 2014-06-10 11:11 | 日記

岡山へ

e0079037_21524030.jpg

e0079037_21525234.jpg

e0079037_21541315.jpg
岡山へ。JIA環境ラボの省エネ法対応の作業が四国中国エリアの会員により連続セミナーという形で展開している。第一年度のセミナーの最終回で話すのが主目的であった。
前日、岡山県立大学の学生にちょっと話をする。同大学の福濱さんに声をかけていただいたことによる。岩本さんと稲山さんの手になる異形の建築、同窓生会館を見る。写真での印象に比べ大きい。回転双曲面の合理的形態に納得する。
翌日、本番のセミナーへ、会場は大角さん設計の高校の90周年記念館。記念館は木造、伝統的工法とトラス構造による興味深いもの。話者は私と四国の重鎮山本長水さんの二人。伝統、地域建築がその根拠とする地域性をいかに今日的課題とすりあわせるか、地域が積極的にその成果を実証することが必要ではないか、地域の主体的自力が何より必要なのではないか、と話をしたつもりである。終了後倉敷に移動、これも大角さんの改修になる蔵で会食。
翌日楢村さんの事務所訪問、町を案内いただく。倉敷の住宅改修がこれほど広範に行われていることを確認する。日曜ということもあり観光客も多い。久しぶりの倉敷散策であった。
今回は訪問できなかったが 以前見た前川國男岡山県庁舎を再訪してみたいと帰途考えた。大高正人担当である。もちろん後楽園、吉備津神社、閑谷学校なども。
by noz1969 | 2014-06-02 11:39 | 日記