<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

国大 卒業設計 講評会

昨日が卒業設計の講評会であった。24人 近年少なめであった設計による卒業生の数が今年大きく増えた。一昔前の数に復活した。その分スケジュールは長く朝から夜までの長丁場であった。
例年通り横浜を敷地とするものがいくつかあったが、自身の良く知る地方都市や故郷を敷地に選んだものが目立った。故郷を考えるのもは、いささか ささやかな景観にささやかな建築を造る、または直す、というものとなった。三保の半島の神社の周辺の修景、紀州街道沿いのいくつかの民家群の時を経て改修されるすがた、青梅街道に沿う町屋とその後背地の改修、川越の伝統町屋ブロックの改修、など。
他方 何人かの学生は良く知る都市の特徴的エリアを敷地とした。広島平和公園と基町団地の間の広大なエリアを公園とする、高崎競馬場跡地11ヘクタールの公園化、宮崎青島海岸、巨大ホテル跡地の再生、など。市街化調整区域内の農地、山梨の果樹園地、などを敷地とするものもこれに入るのかもしれない。
佃、生麦、墨田区の古い木密地域などを評価し手を入れるといういわば卒業設計の定番、これも例年通りある。
際立ったのは以下の三作品であった。名古屋の西部に残る長さ7キロに及ぶ産業遺産である運河をフロートし移動する建築と両岸の倉庫群の改修により、再生させようというもの。ハノイにある高層建築をハノイの町並みを作る建築言語で新たに積層するマーケットとして建て替えるもの。ソウルの大河ハンガンに面する捨てられた火力発電所跡をいくつかの島とし自然復元を計るもの。
ハノイのプロジェクトは歴史、街のサーベイ、演繹的に現れる姿と工業化の接続、プランの表と裏の構造など極めて説得力があるものであったし、ハンガンのプロジェクトも建築はほとんどないのだが 河川の底部にいたる構想が綿密であり今日の建築学科の学生に望まれるサーベイする力とその先に見る夢、その優れた成果であった。名古屋の運河のプロジェクトの夢も捨てがたいものであった。審査にかかわったものの二度目の投票の結果、第一位にハノイのプロジェクト、第二位にハンガンのプロジェクト、名古屋が第三位となった。一位、二位となった作品はともにそれらの国からの留学生のものであり、二人とも女性であった。
by noz1969 | 2014-01-31 12:00 | 日記

エネマネ

29日、東雲の駐車場。急ぎ足でエネマネを見た。二週間での建設、三日間の測定、三日間の公開、その後すぐ撤去、というエネルギーを考える実証住宅としてはいかがなものかというスケジュールらしい。三日の実測で何がわかるのか、と突っ込みたくなるが、各大学はかなり本気、力が入っている。東大で前さん、芝浦で秋元さん、、早稲田では田辺さん、どこでも関係者にあう。熱心に解説していただく。このほか慶応、千葉大がエントリー。とにかく係わった人たちの熱に入り方、建設の実感は学生諸君にとって宝であったことが確認できる。こういう形で実際に作ってみる、こういう形で金を使うことは将来につながる実効あるものに違いない。千葉大はリベンジをかけ6月ベルサイユでのソーラー・デカスロンSolar Decathlonに出るとのこと。今回はいかがな結果となることか。期待したい。
今回のエネマネはアジアがテーマと聞いて楽しみにしていたが このテーマについての特に目立ったものは無かったようだ。冬の東京での実測である。どちらかといえばダイレクトゲイン、北方型の住宅モデルが目立った。

こうした対抗戦は本当に熱が入るようだ。かかわった人に刻み込まれた充実は今後の糧になるに違いない。対抗戦が もっと長期に測定、それに基づく改良のこころみなどが今後継続的に展開されるものとなることを期待したい。
e0079037_10565265.jpg

by noz1969 | 2014-01-31 10:58 | 日記

「炉辺での話題」

偶然 「炉辺での話題」というブログに出くわした。「ドミノ住宅」の検索で。主はどなたかは知らないが極めて的確な記述であった。2009年の記事である。時間が経っている。3,11より大分以前の記述であるが、その頃の事実の記述として勝手ながらここに再録しておこうと思った。。
2009年のこのとき「炉辺の話題」の主が訪ねられたのは東村山のモデルのはずである。五年後、2014年の今、ゼロエネルギーになった「府中のドミノ」を「炉辺の話題」の主にぜひ見ていただきたいものだ。


木造ドミノ住宅
2009-03-03 13:44:25 | Weblog
知人が家を建て替えるので、最近話題になっている木造住宅のモデル・ハウスを見て貰いたいと依頼があった。
木造住宅は、興味がある。2月末、関東地方は雪がちらつく寒空の中、木造ドミノ住宅のモデル・ハウスを見せてもらった。
確かにいくつかの特徴がある。
木造住宅として、坪単価が安いという。その理由は、大工の人件費を節約する構造と工法をとること、地域の生産する材木を利用することがあるという。
構造は、大黒柱を中心に立て、家を支えるために強度をもたせる壁は外側だけにする。つまり木造住宅の地震とか大風に対する強度は、大黒柱と外側の壁だけで、内側の仕切壁に強度を持たせることはしない。従って基礎は周辺と大黒柱の基だけである。新築木造住宅の現場を覗くと、やたらに入り組んだ迷路のようなコンクリート基礎があるが、これはない。あるのは升状のコンクリート基礎になる。大黒柱の根本には臍のような基礎は置く。日本古来の五重の塔の基礎石に相当する。
床板は、間仕切りを作る前に一気に張り付け、部屋毎に床板貼りはしない。そのことで、大工の手間は大きく省け、更に良いことには間取りが自由にできるという。新築して何年か経過後、家族構成が異なって、間取りを変更することも可能である。台所とか風呂場、トイレなどの場所移動もできるという。そのことを見越して、水回りの配管はすべて床下に収め、従来工法のように外構に置くことをしない。つまり新築住宅で見られるように、水道管、排水管、ガス管など家の外側の土中に埋め込む工事はしない。これも施工手間を省く工夫である。そのために床下の空間は、やや高めにしておかなければならないであろうと思われた。床板には国産のムク板を使う。モデル・ハウスでは節ありの杉板であった。外は雪が降っていたが、国産の木のぬくもりは、床から伝わる。
上野の西洋美術館を設計したことでも有名な建築家ルコルビジェは「住宅は住むための機械だ」との考えから、数本の柱で支えられた床板だけのスケルトン構造を「ドミノ構造」と呼んで提唱した。今回の「木造ドミノ」はその概念をもとに日本の中堅建築家たちが新たに考案した木造在来工法である。特徴は、特殊な工法、機器は使わなくても、ごく普通の技量を持った職人であれば、誰でも施工できることにある。
ふんだんにムク材を使うので、部屋の内観は美しい。
いまひとつ、特徴がある。
それは太陽の熱エネルギーを利用するソーラーシステムである。考案者の奥村昭雄氏はOMソーラーとよんでいる。簡単に言えば、暖房の必要な時期には、屋根に集熱するシカケをほどこしておいて、太陽熱エネルギーを床下に取り込み、床下のコンクリートに蓄熱させ、夜間にも利用できるようにするという。訪れた時のように雪の日は働かない。この場合、補助暖房は必要だが、蓄熱があるために暖房費は一般住宅ほどではないという。
夏場はどうか。暖房など必要ない。夏場には、明け方の涼しい外気を取り込み床下から冷気を取り入れる。床下のコンクリートもこれで冷やしておく。
これらのソーラーシステムは、木造ドミノ住宅の建築費用に組み込まれているという。木造住宅としては、安価に建築できる。その坪単価などについては、企業にかかわる事項なのでここでは割愛する。
少しばかり費用はかさむが、屋根の集熱で水を温めることもできる。夏場はいつでも暖かい湯がふんだんに使えることになる。この費用対効果は、検討する価値がある。
雪はミゾレに変わったが、ほんのりと暖かい気分でモデル・ハウスを後にした。
(能)
by noz1969 | 2014-01-28 11:22 | 日記

円錐会インタビュー

横浜国立大学のOBの正式の同窓会=集まりは「水煙会」である。その集まりに対抗するように?「円錐会」という元気なオルターナティブがある。先日 その「円錐会」の人々が昨年末我が家を訪ねインタビューを敢行してくれた。学生の発奮のため?に国大の先輩、関係者に聞くシリーズである。ご覧下さい。
http://unicorn-support.info/interview/2014/01/interview026.html
by noz1969 | 2014-01-27 11:23 | 日記

ソーラータウン府中の掲載

雑誌「新建築」は通常2月号と8月号が集合住宅特集としている。次号の集合住宅特集に「ソーラータウン府中」の掲載が決まり写真撮影など取材があり 今日記事の校正がおわった。
16棟の戸建住宅とそれらに挟まれた共有地の計画で建売の戸建住宅は暖房給湯においてはゼロエネルギー LCCM住宅として計画、通常の住宅販売価格での供給となっている。ドミノの開発が比較的廉価で性能の高い住宅の開発にあった。その流れにあるより高性能の住宅である。東京都は今後数年間のエネルギー動向を首都大学須永研究室に依頼、継続的測定により評価されることとなる。まちづくりは建売分譲では極めて珍しい地役権設定のよる「コモン=共有地」の確定が特に特筆されるはずである。
記事はまちづくりと高性能ドミノ住宅の双方を詳述するには紙面が足りず、概要の紹介にとどまるが、これを入口により多くの人にこのプロジェクトが認知されることを願う。

長寿命環境配慮住宅モデル事業_ソーラータウン府中
http://www.aibaeco.co.jp/fuchu/top.html
by noz1969 | 2014-01-23 16:50 | 木造ドミノ

和水町立三加和小中学校完成見学会のお知らせほか

私どもが九州の建築家三人と協働した小中併設校の竣工に伴う見学会です。木造平屋の小学校校舎、と体育館、山辺豊彦さんの構造設計、と一部既存コンクリート中学校校舎の改修です。お誘い合わせの上御参集ください。

平成26年2月18日13:30~ くまもとアートポリス 和水町立三加和小中学校完成見学会 が開催されます。



もうひとつエネマネの公開です。オーエムが参画しております。
1月29日~31日10:00~14:00エネマネハウス2014公開@東京ビックサイト東雲臨時駐車場
「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの標準化に係る調査・実証事業」





もうひとつ 稲山さんの講演です。JIA環境行動ラボ主催です。野沢もシンポジウムに参加します。
2月21日16:00~19:00JIA環境セミナー@新木場タワー1階ホール基調講演:稲山正弘氏(東京大学大学院木質材料学研究室教授)「流通材を用いた中大規模木造建築の構造デザイン」

by noz1969 | 2014-01-23 15:19 | 講演

謹賀新年

 例年どうり 明けましておめでとうございます。といいながら昨年のABEサンの言動、GENーPATSUの状況、など雲が晴れないどころか暗く立ち込める年の始めです。みなさまどのような新年でしたでしょうか。

三が日は某雑誌に依頼された「書評」をツマミ食いのようにヨチヨチと書きながら正月を過ごしました。ちょうど大高正人さんの本の出版にかかわり、その仕事がほぼ終わるという時でもあり、「書評」にもそのことについて少し触れました。大高さんの本は松隈洋さんが主に建築分野のこと、蓑原敬さん、中島直人さんが都市,景観に関することと手分けして大高論を書いてくださり、大高さんの文章など資料を重複の無いようにまとめ、極力写真での説明を加える、という比較的読みでのあるものになりました。生前、自らの仕事をいわゆる建築家の作品集としてまとめることに批判的で数度のノトライアルは中途でやめになっていたといういきさつもありました。石堂威さん、小田道子さんが大変な編集作業を粘り強く担ってくれました。今回の出版は大高さんにも喜んでもらえるものになったのではないか、と思っています。良い本になりそうです。2月の刊行です。刊行の折は是非手にお取りください。

今年が本当の意味でよい国に向かうスタートの年になりますように。何かを始めなくちゃ!と思います。
by noz1969 | 2014-01-06 12:40 | 日記