<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フードアクションニッポン

愛農学園がフードアクションニッポンアワード2011の大賞となったことは以前にも書いたと思う。
先日そのパンフレットが贈られてきた。1000以上の大手企業などからの応募の中愛農学園農業高等学校が最高の栄誉となったことが改めて嬉しい。

「農の明日を支えたい!土が香り汗が光る情熱学園
農業の担い手を育てる農業高校就農率45%の取り組み」と題された記事は以下のようなものであった。

日本で唯一の私立の農業高校として半世紀に近い歴史を有する愛農学園。広大な農場に囲まれた全寮制の同校には、農業を志す若者が全国から集い、作物を育て、家畜に親しむ三年間の実践的学習を通じて、埃と喜びをもって農業の明日に立ち向かおうとしている。

日本で唯一の私立の農業高校

三重県伊賀市にある愛農学園農業高等学校は1963年、農業後継者の育成を目的に全国愛農会が設立した日本で唯一の私立の農業高校である。広大なキャンパスには、水田、野菜畑、果樹園、牛舎、養豚場、養鶏場、演習林などが付設され、実践教育の場となっている。生徒たちは全員、寮で共同生活をし、作物を育てる喜びや農業の厳しさを体験的に学ぶとともに、自分たちが育てたものを毎日食べることで、食べ物を大切にし、自然の恵みに感謝する心を育んでいる。同校は持続可能な農業の確立を教育の柱としており、牛、豚、鶏の糞尿は畑の堆肥として活用するなど、化学肥料や農薬を使わない循環型農業を実践している。
同校の存在は全国に知られており、入学希望者も全国に及んでいる。特筆すべきは卒業生の就農率の高さで、これまで1,000人余りの卒業生を送り出しているが、そのうち45%がそれぞれの地元で農業の担い手となっている。過疎化・高齢化が著しい限界集落で農業に取り組む卒業生も多く、村づくりという観点からも同校の果たす役割は大きい。

校内自給率70%の取組

校内自給率を高める努力をしており、海産物を除いて校内の食事はほとんど生徒が育てた作物、家畜でまかない、味噌やしょう油といった基本的な調味料、ベーコン、ジャム、漬物など加工食品作りも積極的に行っている。学校農場では、搾乳牛20頭、採卵鶏2,000羽、母豚10頭を飼育し、果樹栽培は50アール、野菜栽培は70アールの生産規模で、校内自給率は70%に達する。
学校農場で生産した農作物は近隣の直売所をはじめ、地元スーパーや自然食レストランなどに出荷し、イベントがあれば生徒たちが出張販売に出向き、安心できる野菜を求める地元消費者に喜ばれている。また、14年前から毎月1回、学校の支援グループが主催して、校内で生産した農作物を中心に地場の食材を利用した料理教室を開催し、教室で学んだ人たちが新しく教室を開いたり、オーガニックレストランを開業するなど、国産食材の魅力の啓発や自給率向上にも寄与している。
また、エネルギー自給にも取り組んでいる。2010年、校舎をリニューアルし、OMソーラーを導入、冷暖房費を大幅に削減したほか、農業用機械にも一部調理用廃油を使用したバイオ燃料を活用している。2012年度には、バイオガス製造装置を設置したり、菜の花を栽培して、ナタネ油を資源循環に生かす「菜の花プロジェクト」への参加も予定している。

新規就農者への支援も

全国愛農会では、新規就農希望者を支援するため「大学講座」を開催しており、東海地区をはじめ、関西地区などからの受講者もあるなど新規に就農を希望する人たちから注目されている。堆肥作りから土作り、野菜作り、農業経営などを教える座学のほか、愛農高校の学校農場や近隣の農家での体験実習も行っている。

東日本大震災被災地への支援

東日本大震災後、原発事故により地元での農業を断念し、移住先を探している被災者のために、農地や空き家探しなどの支援を積極的に行っているほか、全国愛農会や愛農高校のネットワークを活用して、農業を断念しないよう行政にも受け入れ態勢の整備を働きかけている。また、全寮制という強みを生かし、農業を志している受験希望者がいれば、積極的に受け入れることにしている。
同校の取組は、1998、1999年度の「特色教育振興モデル事業」(旧文部省)に採択されたほか、「日本環境経営大賞・環境創造プロジェクト賞」(三重県主催)、「環境保全型農業推進コンクール優秀賞」(全国有機農業推進委員会主催)などを受賞したこともあって、テレビや雑誌などに多く取り上げられ、それを見て入学を希望する生徒も増えているという。
農業を取り巻く環境が厳しさを増すなか、日本の食料自給の根底を支える農業をめざす若者を育成している同校の存在は貴重である。今後は、高校3年間の学習を経て農業者を志す生徒たちが、着実に農家として自立していくためのサポート体制を充実させ、就農率を上げることで、限界集落の解消に貢献したいと考えている。

アワードのHP上の記事は以下にある。

http://syokuryo.jp/award/award11/list/gpx.html/
by noz1969 | 2012-01-31 11:10 | 日記

今朝の 「あさイチ」

1月12日(木)、今朝の NHKTV「あさイチ」を偶然見た。過去の上代からの津波についての研究が紹介されていて実に興味深かった。番組中、東北大 箕浦さんも登場、20年前に貞観津波につき発表した折に様々な脅しにあったことなどを話されていた。特に番組中 北大の平川さんが単身各地の崖をスコップ一本で探査され、次々と数千年にわたる津波の痕跡を調査されている姿は感動すら呼ぶものであった。ひとりスコップ一本という軽微な装備で次々と過去を眼前のものとする。こうしたことはじつは以前から学問の世界では達成されていた。ただその成果を良しとしない勢力がこれの発展と社会化を邪魔していたのである。ここ20年のエコロジカルな試みへの隠微な風評的妨害などと同様のことか、と思った。

以下は同局の番組紹介から。

メインテーマ見過ごすな!“過去”からの津波の警告
<見過ごすな!“過去”からの津波の警告>
専門家ゲスト:岡村 眞さん(高知大学理学部教授(地質学))
リポーター:藤井彩子アナウンサー
東日本大震災を受けて、いま全国各地で、これまでの地震・津波の想定の見直し作業が始まっています。国は先月27日、地震や津波などの災害にどう備えるかについての国の大方針である「防災基本計画」の修正案を発表。これまで、過去数百年程度の地震を元に対策を考えてきましたが、古文書などの資料や地形・地質の調査などを通じて過去に起こった地震・津波を可能な限りしすべて調べ、最大級の災害に備えようと方針転換をしました。
過去の津波を知る鍵とされているのが、「津波堆積物」。この調査によって、文献に記録のない未知の大津波の痕跡が次々に見つかっています。そこからは、「東海・東南海・南海3連動地震」の全貌、そして北海道沖で400年~500年周期で起きている巨大連動地震の新たな可能性が見えてきました。
東海・東南海・南海地震の震源域の変更とは?

先月27日、内閣府の専門委員会は、東海・東南海・南海地震が連動して起こるとされている3連動地震の震源域を拡大する方針を示しました。震源域は、東は、静岡県から名古屋、紀伊半島を経て、四国全域、そして西は九州の日向灘までの、約11万平方キロメートル。これまでのおよそ2倍に拡大されました。地震のエネルギーは、マグニチュード9.0の東日本大震災と同じ大きさに引き上げられました。
2000年前の巨大津波とは?

高知大学教授の岡村眞さんは、池の底の「津波堆積物」に注目し調査をしてきました。池の底には津波によって運び込まれた海の砂や貝殻などが、層になって残っています。これを詳しく分析すると、記録に残っていない津波を調べることができます。

岡村教授は、高知県土佐市の蟹ヶ池の地層から、2000年前頃に起きたと考えられる巨大な津波の痕跡を発見しました。その後、これと同じ津波の痕跡が、徳島県や三重県からも発見されました。これまで想定されていなかった規模の3連動地震が2000年前に起きていたのです。
北海道の連動地震とは?

北海道大学・名誉教授の平川一臣さんは、北海道で連動地震の痕跡を探してきました。平川教授は、
崖に目を付け、津波の層を探し出します。平川教授の調査によって、十勝沖と根室沖でも連動地震が繰り返し起きていたことが明らかになりました。
この調査を受け、現在、北海道でも地震の想定震源域の見直し作業を行っており、今年3月までに結果を発表する予定にしています。
東北地方に再び津波がくる可能性とは?

北海道大学の平川教授の調査によって、東北地方が近い将来、再び津波に襲われる可能性が浮き彫りになりました。その根拠になるのは、1611年に起きて東北地方に大きな被害をもたらした「慶長三陸津波」についての調査です。通説では、東北沖が震源とされてきました。しかし去年、平川教授が行った調査で、北海道の十勝・根室の連動地震によって起きた津波が東北地方を襲った可能性が浮上しました。すると、近いうちに起こることが危惧されている北海道の連動地震によって、再び東北地方を津波が襲来する可能性があるのです。
アウターライズ地震とは?

北海道の連動地震とは全く別の原因で東北地方に再び津波がくる可能性が残されています。それが「アウターライズ地震」というものです。東日本大震災は「逆断層型」の地震と呼ばれ、海側のプレートが陸側のプレートの下に沈み込んでいく過程で陸側のプレートが巻き込まれ、それが反発する事で地震が起きました。
こうした地震が起きたあとで起きやすいとされるのがアウターライズ地震です。地震の後、押さえのなくなった海側のプレートは、さらにどんどん沈み込もうとします。すると、プレートの浅い方の部分が引っ張られて割れ、地震が起こります。この地震は震源が陸から離れているため揺れは小さくても、津波が大きくなるのが特徴です。
逆断層型の地震が起きた後、どれくらいの期間でアウターライズ地震が起きるか、どれくらいの確率で起きるかなど、詳しいことは解明されていませんが、過去に実際に起こった爪痕は断層に残されています。
by noz1969 | 2012-01-12 15:47 | 日記

グリーンアーキクラブ

日経が出版するいくつかのメディアに掲載された記事がケンプラッツ建築・住宅メール - 2012/1/12にも登場している。減築+オーエムの効果がその内容、ご覧下さい。

http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/aa0f/109569/
by noz1969 | 2012-01-12 11:18 | 日記

新しき年に

昨年が昨日で終わった。実に重い年であった。昨年という年の重さは本年以降も長く続くものと覚悟をせねばなるまい。そのことを確認させるように 今日 かなり大きな地震があった。昨年のことはすべて ご破算で願いまして、とは決していかないのだ。歳時記のみで時間が動いているわけではない。地球の時間、地球の都合は人の時間と大きく異なることを改めて考えなくてはなるまい。
そしてフクシマの終わることが無い被害を 加害側はいまだに身をもって考えようとしては居ない。いや 彼らは考える身体を持たないのだ。権力という不遜な装置がその属性として持つ無責任、思考停止をいまほど実感することは無い。
今朝の新聞紙面では相変わらず 呆れるほどのんきなことをいう経団連の会長だが、論調は微妙に変化しているようにも見える。今後訪れるはずの社会合意の劇的な変化には少なくとも5年ほどの時間がかかるのではないか。それに向かいゆっくりと深刻にわれわれを取り巻く思索は深化している、そう信じたい。その兆しは先ほどの経団連会長のコメントにもかすかに見える、期待をこめそう思いたい。。
ただしその間 なお強固に存在する 度し難い旧守派、その排除はどのようになされるのだろうか。
by noz1969 | 2012-01-01 22:26 | 日記