<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

再度西へ

この週末も関西であった。町田の鈴木工務店の主からの問いかけで、聴竹居を訪問することになったのである。この機会にと待庵、水無瀬宮燈心亭にも予約を入れてもらう。待庵は数十年ぶり、燈心亭も十年ぶりか。午前10時に待庵へ。われわれは前日乗り込んだが、同道の半田さんは当日5時過ぎに家を出て合流。
妙喜庵は書院と書院明月堂からなる。書院は重文。待庵はそこに付属する。言うまでも無いが利休の作。1582年、天王山の合戦のおり秀吉が作らせその後ここに移築されたという。国宝、二畳隅炉のわが国を代表する茶室である。
燈心亭は後水尾天皇が作らせたという茅葺きの茶室、重文、これは17世紀初頭のものである。ただし様は大きく異なる。秀吉対利休の緊張と武の台頭の中で文に逃避する天皇の好み、の極端な違いであろう。燈心亭は以前聴竹居に奥村夫妻を伴い訪れた折に奥村さんからの発意で立ち寄ったことがある。様々な草本を天井の装飾に使う。建具の下部の水引模様が目を引くがこれは唐来もの、南方から輸入されたラタンでつくられているという。久しぶりにこの二つの建築を観ることができ、よかった。
待庵を辞した後、大山崎山荘を見、昼飯を踏み切りの端にある新しい店で摂った。蔵を移築し店とし、母屋は土載せ屋根がある本格的木造、景観になじむ。テラスに石窯がある。安藤邦廣さんの設計であることを店の人に聞く。鶏肉のコンフィとサラダ、とりわけ石窯で焼いたパンがおいしい。
午後は今回の主なる目的地聴竹居である。ここはいまボランティアの手により管理運営されている。その方々の世話になり見学させていただく。私は何回もここを訪れているのだが、あらためて大工の仕事のよさに驚く。そしてこの家の異常とも思える電化ぶりを確認する。このことは先日上梓した「パッシブハウスはゼロエネルギー住宅」で触れている。分電盤の大きさは80年前でなくてもただ事ではない。ボランティアの手により巨木と化した木々が整理され風通しが改善されている。建物にとって良いことであろう、が、以前鬱蒼としていたところに巨大なマンションが見えるのは幾分困った。とはいえ早々にまた植物が繁茂するだろう。
先の燈心亭はその後午後3時からの訪問であった。燈心亭へはいくつもの鉄道道路河川が通るこの地の工場に囲まれた殺風景な道である。燈心亭見学の後、サントリー山崎工場へ何とか間に合いウイスキーのテイスティングをする。もちろんこの日初めてのアルコールである。その後京都市街で飯。一日が終わる。とても能率良く、山崎をぐるっと周遊する旅であった。半田さんの万歩計約14000歩。

実は鈴木さんと聴竹居を訪れることになったのは可喜庵で開催される「デザインサーベィとしての昭和建築家」,四回シリーズの講演会にこれが登場するからであった。講師は矢野和之さん、矢野さんは大学で鈴木さんの先輩に当たる。ご興味のある方は参加を申し込まれたら如何だろうか。
http://www.suzuki-koumuten.co.jp/KAKI-AN/kakian-top1.htm
by noz1969 | 2009-03-31 20:16 | 日記

三重へ

ゆっくりと農業高校のプロジェクトが進んでいる。会議で高校のある紀伊半島の中心部へ赴く。近鉄線伊勢中川から大阪へ向かう路線はまったく山の中だ。時折現れる集落が美しい。瓦屋根のほか見当たらぬ。何度目かの訪問である。農業の衰退が言われるがしっかりとした仕組みを模索する人々がここにある。成果は数年先である。できる限り考えぬきたい。
今回は終了後にもうひとつの仕掛けをした。翌日曜日、奈良在住のK氏と待ち合わせ遅れた修学旅行をすることにしたのだ。室生寺、当麻寺どちらも長く訪れていない。奈良のそれも都心から離れた寺はどうしてか疎遠になり行きにくい。しかし気になる。それが 叶った。室生寺は比較的近い過去に訪れているせいだろう、記憶とそうたがわなかった。金堂がいい。台風で倒れ、五重塔を損壊した杉の切り株を確認した。奥の院まで登る。きつい、しかも登りきったところにそれといったものがない。「この苦労は今回が最後であろう」とK氏いう。同感であった。近傍のダニカラヴァンによる彫刻庭園に立ち寄る。おまけのつもりであったが、これが予想を超えてよかった。彫刻のできのよさに感心する。規模もほどがいい。
その後当麻へと向かう。車中、K氏が目の前の風景にまつわるこの地の様々な過去を話してくれる。この地の厚み、歴史に感じ入る。そして本当に久しぶりに訪れる当麻寺である。ここは一部は記憶のとおりであったが大分は記憶と大きく違っていた。伽藍配置のわかりにくさに戸惑う。わかりにくい間の抜けた配置に見える。起伏のある地形におおらかにあるせいなのかもしれない。ただそうであるとしたら今日付け加えられたできの悪い建造物が気になる。邪魔である。ただ昔からの建築は実にどれもすばらしい。特に二つの塔はすごい。久しぶりにこれを見ることができてよかった。本堂に架けられている例の曼荼羅図、江戸期の模写ではあるがこれも重要文化財であるという。本物が見たいがこれはこれからも叶わないだろう。門前でそばをくう。
その後今井町へ。伝建地区の整備が延々と続いている。昔訪れた今井の寂れた印象と大きく異なっている。ここでK氏の関わった建築を見せてもらう。ここでの改修の進捗は眼を見張るものである。K氏は「書き割り」を心配するが「それはそれでどう使うかだろう」とわたしは答えた。ここにある充実した密度をどのように人々に伝えるか、これが問われるだろう。家々にボランティアの方がいて説明をかってでてくれている。これがすばらしい。願わくばここを訪れたひとが数日滞在し様々な体験ができるそうした仕掛けがほしい。そうしたことが可能となる試みが始まりつつあると聞いた。それが可能となった折に再び訪れたいと思った。
by noz1969 | 2009-03-10 22:14 | 日記

団地逍遥

今回は奈良北団地である。計画の当事者のお一人、市浦、小林明さんからレクチュアがある。1969年の計画5年ほどですべてが完成したと言う。電鉄会社により造成がすんでいた土地の上の計画であり計画が手をつける以前に起伏のある里山は大きく改変されていたようだ。住戸は標準設計の2dk、3dkによっているが住棟形式は特徴的である。三階にひとつのエレベータ停止、階と階の間、踊り場階に極めて長く続く廊下が設けられている。、建物は135度にクランクしながら続く。エレベータの利用効率から考えられた住棟形式と言う。郊外の中層団地と都市内の高密度な面開発、その中間的位置づけの「近郊高密度団地」の試みの最初の事例だという。住棟一階エレベータ乗り場付近に小ぶりなプレイロットそれに連続する中庭の整備が、配置計画の主題であった。廊下階のクランク部の空中にもにもプレイロットがあったという。それらは子供の減少と少年の溜まり場化、、自動車の普及耐震改修等により改修されている。立ち木も駐車場化に伴い大分切り倒されたようだ。小林さんも戸惑いを見せる。しかし独創な住棟配置はそのままであり、建物は極めてよく管理されていて当時の計画の意図を良く伝える。ツールーズミライユ、バイカー、バーミンガムなど当時のヨーロッパの団地計画へのシンパシー、それを色濃く感じる。改修されたとはいえ中庭の成長はすばらしい。これからの季節、緑の繁茂するころはもっと違う印象となるであろう。小林さんも言っていたが住み手の高齢化などの変化に伴う共用部に人々が集う場を用意するなどの機能のコンバージョンがもっとなされるといい。それがあれば賑わいのあるものとなるであろう。こうしたストックを積極的に改修、今後につなげていくこと、そのための仕組み、合意を考えたい。終了後玉川学園駅まで散策。藤森さん、「ニラハウス」に遭遇。駅前のカフェで歓談の後散会する。
by noz1969 | 2009-03-01 03:39 | 日記