<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ドイツ1

2月27日

KempinskiHotel Falkenstein
エアオーストリーは食事のレベルが高い。寝て、食べてウイーン着、乗り継ぎでフランクフルト。同行I氏の運転のレンタカーで市内から20分ほど、西南に当たるという丘、上に城が見える、のホテルへ。投宿。周囲に19世紀中かと思わせる大きめの家々が建つ、林の濃いエリアである。その夜は何も食べず。部屋へ。一度ベッドに入るが一時ごろから朝方まで目が覚めて寝られず。空腹も現れ食料は無い。冷蔵庫のビールを飲み半日分の仕事。メール確認、依頼された原稿執筆など。

28日
5時過ぎに再度の就寝。翌朝周辺散策。宿も概観と主要な部分を残し今日求められる性能に改修されている。を含めてとなりの家も大きい。これも今はスパに改修されている。隣に高い煙突のある病院、ひょっとすると当時のサナトリウムか?なんとなく都市との位置にそう思う。

昼、一時ロスチャイルドの所有の時期のあったというヴィッラでI氏旧友87歳と会食。なかなか大変な建物。創建時にはフランクフルトの富裕のサマーハウスとして。市街から丘を登る景勝地に立地、ゆるい芝の斜面の向こうにフランクフルトを遠望する。昨晩の宿のある辺りは旧ドイツ帝国時代の軍人病院として出発、その後、案の定サナトリウムとして使われたという経歴のようだ。その方からの知見。これらの建築が様々に変転しながら使われていることがいまさらながらの感慨。
e0079037_13583520.jpg









その後クリストフインゲンホーフェン設計、ルフトハンザ.アヴィエーションセンターに立ち寄る。アトリウムの気積がオフィスのそれと同じという典型的北方サステイナブル建築。執務スペースのほとんどはアトリウムに面する。それにしても一人当たりの体積、床面積が大きい。内側のサッシは木製、コンクリート躯体は現場打ちとPC。詳細は日本板硝子のSPACE MODULATOR92 2007年12月にある。e0079037_1351592.jpg
e0079037_1359068.jpg
by noz1969 | 2008-02-29 14:00 | 日記

静嘉堂文庫へ

懸案の静嘉堂文庫へ行く。「三菱財閥の足跡を辿る建築見学ツアー」への誘いを受けての見学、訪れるのは初めてであった。敷地は話に聞くとおり鬱蒼とした森である。国宝曜変天目茶碗の出品があるとのことで美術館は大変な人であった。われわれはコンドルの設計になる三菱財閥二代目岩崎弥之助の廟(明治43年)を見せていただく。十字プランの本格的ルネッサンス式。内部の白と灰色石の手の込んだパターンに驚く。その後端整な英国カントリーハウスのにおいのする文庫本館(大正13年)を見学する。こちらは桜井小太郎設計である。その後バスで大磯へ。「国よし」で昼。その後エリザベスサンダースホームへ。ここでも鬱蒼とした森、印象的なトンネルを抜け澤田美喜さんがホームとして使い自身が住んだ旧岩崎別邸を見る。質の高い日本建築である。併設の聖ステパノ学園が気になり見せていただく。ゆっくりとした敷地の勾配に併せて雁行する教室がレベルを変えて配置されている。廊下の各教室の前に三角形のクッションのような場所ができている。小ぶりのクラスルームは雁行している結果ニ方に開口があり廊下上側にも風の抜ける高窓がある。明るく外気を感じるデザインだ。傾きながら屋根が一枚でかかるところが最大のミソだろう。丸太の柱もいい。庭に回る。垂木が庇の先に並んで見える。最近見ない面戸板の無い構成だ。日土小学校を思い出す。サンダースホーム設立に伴い、学齢の子供が通うために一年ずつ建てていったという。ツアーメンバーとここで別れて、かまぼこ、はんぺんを買い小田急で帰宅する。
e0079037_13311496.jpg

e0079037_1331324.jpg
e0079037_13314373.jpg
e0079037_13315430.jpg

by noz1969 | 2008-02-25 10:12 | 日記

PROUD

野村不動産のDMのための雑誌であり、ほとんどのページは売り出し物件の紹介である。最初にいくつかの記事があり手に取らせるための呼び水?になっている。「建築家が選ぶ「世界のマスターピース」」が巻頭である。先日床屋で見た前号は難波和彦さんであり取り上げた住宅はブルノに建つミースのチューゲンハット邸であった。創刊以来ずっと続いている連載らしい。最新刊31号はヴィクトールオルタ邸である。ちょっと予想外かと思うが、私がインタビューの相手である。数年前に訪れた時、何よりこの建築が後ろ向きでないことに感心したことを話している。この取材の折にオルタ邸に関する日本語の資料をいくつかみてそのことに気付いていないことにあらためて驚いたのである。注目すべき一見して特徴的な手すりなどの植物様の装飾がスチールのフラットバーとリベットで作られていることに気付かず、鋳物と思いこんでいる物ばかりなのだ。無料で配布されているものだから注文すると手に入れやすいものであろう。
e0079037_13485330.jpg

by noz1969 | 2008-02-21 13:49 | 本・DVD

東村山

昨日 打ち合わせで東村山へいく。仕事の前に以前から気になっていた都内唯一の国宝建築,正福寺地蔵堂を見学した。600年前、足利氏の時代のものという。鷹狩で来ていた足利誰某が病になり、、、、という説明であるが、どうしてここまで来たのだろうか?半分は腑に落ちない。が、確かにここに唐様の第一級の建物がある。手前の江戸期の山門もいい。関東平野、どこにも背景に山の見えないところに建つこのように見事な社寺建築は珍しいのではないかと考えた。こうしたことは幾分偶然が過ぎるが、今日になり先日見そびれた藤森照信監修の「NHKBS世界の建築100」のリストをHPで確認したところ、後半放送分にこれが入っていたのには本当に驚いた。世界のベスト100とは、ちょっと。藤森さん、どんな解説をしたのだろうか。現地では数人の見学者に出会ったがそのわけが判った。その後ドミノの現地を見て打ち合わせ。研究会立ち上げなどがあり、あれこれと細かい用事がある。

e0079037_19274886.jpge0079037_19275634.jpg
by noz1969 | 2008-02-20 19:31 | 日記

バンビお披露目

バンビバイリンガル幼児園のハウスオープンがあった。午前中好天。棟ダクト温度は11時に既に50℃を超えている。きわめて快調である。見学会は午前午後の二回、午前が入園予定者を中心、午後は一般の人々に向けてのものであった。午前午後ともに満員の盛況。特に午後は予定を越えて来場者が訪れ、関係者も驚いていた。当たり前のことだが幼児とその父母が中心、一才未満から未就学の幼児、児童が多くいるので数えるのがなかなか難しいが総数約250人?といった感じであろうか。その喧騒もものすごい。幼児園開園時でも卒園式などを除けばここにこんなに多くの人が集まることはないだろう。 雨宮知子さんという童謡歌手のコンサートがあり、その後見学者は施設内各所をみて回りながら説明に耳を傾ける。午後、雲が流れ風が強く吹くが室内は暖かく保たれている。「暖房無しでこの様な室温が達成できるのか!」との声が多くあった。稲山さんも来てくれた。今回の架構は彼の実験と解析に基づく、仕口加工と断熱パネル固定用長ねじ併用によるトラスである。構造用材をはじめとして唐松のこれほど徹底した使用はこの建物が初めてであろう。唐松はきわめて強度の高い材であるが従来アバレとヤニに苦労させられてきた。ここまで製品の品質を向上させた製材所の努力があって、今回の架構、床、壁、様々な用途への使用が可能となった。戦後植林された山が60年を経ている。唐松に限らないがこれから大量に供給が可能となる。これら国産材の使用はCO2削減にも大きな貢献をする。太陽エネルギーのパッシブ利用とともにこうした国内木材資源の利用を進めていきたい。事務所スタッフそれから事務所に来ている学生、スタッフの友人二人も参加。二人とも学生時代私のレクチュアを聞いたという、「教え子」であった。これ等の業界メンバーだけがほかの人々と違うところをあちこちなめるようにみていた。この日の午後、甲府は強風のなか、四方を雪に彩られた南アルプス、八ヶ岳をはじめとする山々が囲み、雲に阻まれながら足元を見せる富士がその大きさを誇るとても雄大な景観を見せていた。西の果樹園の丘から見下ろす園舎はそれらの山々と似て中庭を囲み裾の広い屋根屋根が重なり合う特徴的な姿であった。独自なコンセプトを持ち、きわめて有能なチームであるこの施設の経営者たち、彼等がこの建築を十全に活用しより大きく発展してくれることを確信している小澤君のチームの皆さんにもありがとうと言おう。
e0079037_13322720.jpg
e0079037_13325565.jpg
e0079037_13332380.jpg

by noz1969 | 2008-02-18 13:37 | 甲府幼稚園

バンビバイリンガル幼児園


甲府で竣工の唐松建築は「バンビバイリンガル幼児園」という。気持ちのいいク
ライアントであった。いくつかの試みが実現した。この春、オープンするが来る
17日の日曜日晴れてお披露目がある。HPに公開されているから当日は不特定
の人の見学も許されるのではないかと思う。幼児施設ゆえオープンの後はセキュ
リティのため管理がある程度の厳しさで行われるだろう。ほかに建築見学が特に
企画されていないのでいい機会かもしれない。ご希望があれば17日の午後の見
学への参加を問い合わせてみたら如何だろうか。

バンビバイリンガル幼児園
e0079037_17164149.jpg

by noz1969 | 2008-02-14 13:05 | 甲府幼稚園

週末、黒磯へ

F建設のドミノが建ち上がってきた。団塊世代の里住まいを想定、庭に農園もある。現場を観る。1.5階建てである。その分人工がかかったようだ。床面積を1.5倍して計算するとほぼ計画通りのようだ。ドミノの展開としてはちょっと特殊かもしれないが、未完だがインテリアは面白くなりそうだ。ロフトが倉庫兼遊びに来た子供と孫たちの滞在のスペースとなる。モデルハウスであることもあってサッシなど一部仕様も高めであるが外装を含めもっとウッデイなもののほうがが良かったとおもう。当日は足場がありシートに覆われていたがその後足場がはずれた。外観はその後送られたきたもの。
e0079037_16515267.jpge0079037_16525675.jpg
by noz1969 | 2008-02-12 16:19 | 木造ドミノ

わたしいまめまいしたわ

竹橋の近代美術館でいま企画展示「わたしいまめまいしたわ」が開かれている。「自己と他者」がテーマの現代美術展である。所用の道すがらに立ち寄ってみた。フランシスベーコン、草間弥生、高松次郎、船越桂、牛腸茂雄、など以前から既知の作家と澤田知子のセルフポートレート、ビルビオラ、キムスージャ等のヴィデオ作品などが並ぶ。最近「近美」のキュレーターが若返ったのだろうか?近年にない企画のように思う。会場にて 「わたしもいまめまいもしたわ」。

東京国立近代美術館
by noz1969 | 2008-02-08 18:36 | 日記

吉阪さん

浦邸は吉阪さん最初期の住宅である。以前から行きたいと思っていた家、「住宅建築」の取材で声をかけてもらい、これを好機と出かけることとする。日帰りの関西行きである。浦さんとは不思議な縁がある。そのためカミサンも同行となる。50年代の住宅の中でもきわめて豊かな事例ではないか。特徴的なピロティの住宅はすべていまも健在である。メンテナンスもすばらしい。クライアントと建築家のこれほど幸福な関係は例を見ないのではないか。北田君は日差しはあるというものの寒風の中一日中撮影である。われわれは室内で様々な昔話。半世紀、震災をも経験した家。ご夫妻も健在である。
e0079037_1557475.jpg
e0079037_18352259.jpg

by noz1969 | 2008-02-07 14:42 | 日記

建築家展 「ココでくらす。ココロでくらす。」


e0079037_11283237.jpg
北海道近代美術館で開催中の「北海道の建築家展」へ行った。
1/31羽田―千歳の最終便で深夜札幌に到着すると、氷点下14度の寒さだった。やはり環境そのものが本州と違う。その中で建築家がいままで考えたこと、実践したことを展示している。明治の建築家田上義也氏の住宅作品をはじめ、88人の建築家、113の作品が並ぶ。また坂本昭、斉藤裕、上遠野徹、角幸博、越野武、藤森照信の各氏の講演会も催している。

札幌では雪まつりも開催中。市内スキーゲレンデの雪質も良好。札幌にお出での際には近代美術館にもお立ち寄りください。
建築家展 「ココでくらす。ココロでくらす。」

田上義也
(圓山)
by noz1969 | 2008-02-07 11:35 | 野沢正光建築工房