<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

むさしのiタウン2期後半75人工目標

リンクしている「東村山プロジェクト」ブログ記事タイトル『速さは力』5月16日17時46分を見てほしい。今回のプロジェクトの際立って突出する特徴がここにある。まったく間仕切壁のない室内の施工状況を示す工事写真、こんな光景を見たことがあるだろうか。「オープンビルディング、S(サポート)、I(インフィル)システム」という考え方については以前からあちこちで言われてはいるが、これほど徹底して実現した例はないと思う。特に今回出現した木造での事例はRCでの 話とも大きくその成果が違う。
RCでは大抵外壁に面するところに何らかの艤装、たとえば断熱、外装、内装など、が発生する。サポート(一般にはスケルトンの略がSと考えられているらしいが)は性能のすべてを担わないのだ。
今回の木造ドミノにおいてはここまでで出現する「サポート」は基本的室内環境、室内気候を実現するための必要にして十分な性能を併せ持ちながら、上棟までの施工手間を一般の三分の一に近いところまで下げることにも成功している。

引用する。
「細かな柱や間仕切壁がないので、構造がシンプルな為5人工で2棟上棟できる。通常40坪の建物1棟で6~7人工かかるから、1/2~1/3程度の手間で済む。」また竣工までの大工の人工についても「むさしのiタウン2期後半75人工目標、キッチンや洗面や下駄箱や棚等の家具造作工事も含んでの手間。通常の40坪の建物の場合、140人工程度かかるから80人工にしても40%以上のダウン、、、、」

もちろん一度に二棟の施工、ということが条件であるのだが、それにしても、このトライアル、この結果は面白い。
外壁、隣戸間の壁のグリッドと戸内の間仕切壁の意味を二つ別種なものとしてグリッドを構成する、これがオランダ人、ハブラーキンのサポート、インフィルの主要なアイディアであったが、結果として「木造ドミノ」はハブラーキンの思想の正直な系統に属している。性能を伴うサポートはきっと長期にわたり室内を快適に保ち(その上オーエムという、パッシブ暖房換気システム付きだ)間仕切り設備等の更新が容易であることにより生活の姿の変化にもさまざまに対応し長期にわたり使い続けていくことを可能とするのではないか。何しろ、遠い将来のことかも知れぬが大きく様相を変える可能性の高い、キッチン、風呂、などの位置大きさなどの変更についてもなんら問題を発生させないのである。サポートの長寿命化が実現することがサステイナブルな建築の何よりの命題であることはいまさら言うまでも無い。建て替えのたびにコンクリートの基礎を壊し何の問題もない主要構造物を破壊するおろかさともったいなさから軽やかに脱出する方途を40坪という少し大きめで余裕のあることも幸いしてこの仕組みは確実に手に入れることになるのではないか。

夢は広がるが、たとえば公営住宅等でこの仕組みを試みようとする自治体が出てきてくれないだろうか。そうしたところではセミデタッチドタイプ(二棟連続タイプ)などが試せると面白いだろう。そうすれば施工する外壁が八分の一減ずることになるだけでなく温熱的にも外気に面する部分の四分の一の縮減が意味を持ってくる。今回の試みがもたらした成果に予想を超えたものがあることが明らかになって来ている。それらがこのプロジェクトの様々な条件について設計、材料、施工にかかわる人々が並列に参加し、技術、条件につき包むことなく議論、検討することによって手にしたものであり、結果として坪50万以下、をはじめとする「複雑な全体」と格闘したことにより現れたものであることを思う。「めんどくさい」、しかし意味のある試みだけが、人を考え続けさせる。そして考え続けることだけが面白い結果につながるのだ。
(野沢)
by noz1969 | 2007-05-29 16:24 | 東村山プロジェクト

自宅の改修

遅延していた自宅の改修、やっと塗装の終了である。
グレーチングを吊るなどしている金物を取り外し再塗装するなど丁寧に仕事をしてもらい甦った。色も竣工時と同じではないかもしれぬが、そうおかしくはない。工務店も天候不順などのこともあるが苦労が絶えないだろう。センチュリーボードに塗装、という外壁仕様はなかなかサステイナブルである。
足場の撤去の後、外部テラス、塀など木部の改修で一段落だが、木製建具の取替えという大工事が発生している。そのために足場を一部残すことになる。ハンドルで呼び込むタイプの建具が枠共に腐ってしまっている。この国の気候条件での湿度が原因だろう。雨水を呼び込んだ木同士の密着するディテールは大問題である。まもなく来る梅雨以降夏の終わり秋まで続く長い多湿と多雨のシーズンが恨めしい。サッシ屋は「塗装、時々あけるなどのメンテが」、というがそれによって何とかなるものであるとも思えない。庇の無さも問題なのだろう。ただし「庇があっても二階の庇が下階のサッシを守るとも思えません」との某サッシ屋のせりふに真実味を感じる。といっても手を打たないわけにいかず、新たにサッシを発注、一月後の工事が残ることになる。手間も金も発生する。今度は改修部だけ別の建具によることにする。外がアルミ中が木の混成のものだがこれならいいのではないかと思えるものが見つかった。改修部が明らかにほかと違っているようになる。ファサードがこの箇所だけ変わる。変わりついでにここだけ赤茶色の明らかにほかと違うものを選択した。きっとこれも建物を改修しながら長く使うとき現れるはずの姿であり言わばそのモデルケースだろう。ケーススタディハウスのケーススタディは続く。(野沢)
e0079037_10423841.jpg
e0079037_10425941.jpg

by noz1969 | 2007-05-29 10:44 | 自宅の改修(相模原の家)

秩父セメント秩父工場

25日、天候がよくない。懸案の秩父セメント秩父工場へ。雨中多くの人が集まった。正門前まで来て帰ったことがある人、長年気になりながら遠距離であることなどから未見の人など「この機会に」と考えた人が多かったようだ。

50年を経て、もちろんその後の設備装置の改変があるのだが半世紀以前の工場の大半はいまだ健在。ヴォールト状のシルエットの連続する景観とファサードに徹底して使用されている600ピッチのライトゲージにガラス、スレートのはめられた極めて軽いカーテンウオールがとても印象に残る。谷口さんのプロポーション、「障子のような」という工場長の話にも素直に納得する。
しかしそれにしても大きい。60メートルの高さの積み上げられたプラント、240メートルの長さの建屋、目の前で回転する釜の巨大さ、のた打ち回る排気を戻すなど様々なスケールを超えたダクト、轟音を発しながら回転する粉砕機。谷口さんのファサードと巨大なこれ等が入り組みながら存在する風景に唖然とするのみ。
内部が1450度という回転釜周辺は幾分の雨の中、熱により地表も乾き、釜は雨をもうもうと
水蒸気に変えそれが白く霞む。まるで大友克洋の「スチームボーイ」のシーンが10倍巨大化したように見える。製鉄、セメント生産など、重厚長大といわれる産業の現場は19世紀的なすごさの中にある。

われわれに取りきわめて身近な建材であるセメントの生産の現場であることにもより、ドコモモ選定20の建築の見学であることと共に社会科見学の様相。大野秀敏さんの「セメント生産の現場であることにより浮遊するセメントのアルカリ分が作用、その結果として50年を経てのスチール製のカーテンウオールが健在なのではないか」との説も興味深い。
今回の誘いに最初に反応してくれた難波君の参加が叶わなかったが研究室学生が多数参加しあちこちの写真を撮りながら戸惑い感興の声を上げていた。

蕎麦屋で会食の後、駅まで市内の散策、登録文化財の肉屋や周辺の家並みや刈り込みを観て増山さんと二人、鈍行電車に乗る。途中で走行中の電車の下部で大きい異音、電車が止まる。数分後「ただいまいのししと衝突、問題ないので発車します」とのアナウンス、秩父の山の深さを実感した。いのししの冥福を祈る。(野沢)


e0079037_13484340.jpg

e0079037_13481564.jpg

e0079037_1348311.jpg

by noz1969 | 2007-05-26 13:52 | 野沢正光建築工房

16世紀文化革命

大分前のことだが書店で山本義隆の名前に引かれ『磁力と重力の発見』三冊を購入した。その後机上に置かれるままになっていたのだが、一気に読んだのが昨年秋、前後して岩波新書、熊野純彦「西洋哲学史ー古前著代から中世へ」  「西洋哲学史ー近代から現代へ」を行き帰りの電車の友にした。あらためてわれわれの知る近代西欧の文化、思考の歴史がいかに短かいものであるかを知る。それが実は過去と断絶したなかでかろうじて発生したものであり、やっと接続することによって存在する奇跡であったことを認識する。一途な宗教がいつも合理、 論理を妨げる、そしてそれがいささか原理的であることから抜け出すときに論理、科学が息をつく。ギリシャがアラブ世界に繫がれ、それが10世紀を過ぎて少しずつだがヨーロッパにつながる、10世紀以前、科学的思考は西欧には存せず、そこには未開と原理的宗教としての初期キリスト教世界があるのみだったの だ。ギリシャローマは唯一アラブにつながる。(当時のアラブ社会イスラム教の豊かさ?ゆるさ?を思う。)良くぞギリシャ語からアラビア語への翻訳がされたものである。しかしそのアラビアの地ではムハンマドにより再度原理的宗教に回帰する中でギリシャからの継続は凍結し開花しないのだ。アリストテレス、ピタゴラスの思索はそれにより西欧社会になんと1500年ほどの空白を経てやっと繫がることになる。山本義隆の新著「16世紀文化革命」は冶金、建設、医術、戦場など様々な技術の現場での様々な経験が合理と科学の端緒として様々に花を 開く16世紀ヨーロッパを描くいわば前作の重要な補遺にあたるものであるのだろう。17世紀以降、階級社会が再び科学を占拠し自然への恐れから驕慢へとの道を進む今日まで、という括りについても詳述してほしいものである。著者は歴史記述の作業はここで一段落といっているのであるが。

教えている大学でのエスキスの合間の歓談の中、学生にこの本の話をした。山本氏の名前は評判の高い高校物理参考書の著者として多くの学生が知っていた。彼らがこの後著者の良き読者になるのだろう。

以下、下巻の一部を
〈いまだ手職人として蔑まれていた16世紀の技術者や外科医は、自然魔術師や錬金術師と同様に、片足を中世世界に残し、自然にたいする畏怖の念をもちつづけていた。あの近代人アグリコラでさえ、頻発する鉱山の事故にたいして、鉱山には「山霊」や「地の霊」が住んでいるという迷信を坑夫たちと共有していたので ある… 16世紀の職人たちが技術にたいする自然の優位を受け容れ、そのかぎりにおいて自然にたいする畏れの感情をもちつづけていたことは、16世紀の限界としてネガティブに捉えるべきことではない。17世紀以降の近代科学の勝利の進軍が、そのような感情を「克服」せしめることになったのは事実であるが、しかし 実際には近代自然科学はきわめて限られた問題にしか答えていないのである〉 (野沢)
by noz1969 | 2007-05-23 13:10 | 本・DVD

土曜その後前進座公演

いそぎ半蔵門の「国立劇場」へ。「毛抜き」「新門辰五郎」を観る。
「毛抜き」は歌舞伎十八番、嵐圭史さんの粂寺弾正、1700年代中ほどの戯作のようだが磁石が登場する。おかしな話で会場は笑いに包まれる。舞台の構成も古典のにおい、左右対称に近い人物の配置、荒事の主役、嵐圭史のほかは絵のように動かない。幕間の楽屋に嵐さんを訪ねる。実はいわむらさんと嵐さんが旧知、その縁もあっての歌舞伎鑑賞であった。後半「新門辰五郎」は真山青果1939年の作。久しぶりの公演、以下少し取材の記事を引く。
「劇団創立メンバーの三代目中村翫右衛門が当たり役とした演目。主人公で火消しの辰五郎の江戸っ子ぶりが評判を呼んだ。梅雀は「49年前の明治座で、祖父の演じる姿が格好良かったことを幼心に覚えている」と振り返る。舞台は幕末期の京都。江戸火消しの辰五郎(梅雀)は、徳川将軍の供で京へ出るが、攘夷(じょうい)か開国かで揺れる政治にほんろうされる。辰五郎と渡り合う会津の小鉄(藤川矢之輔)、火消しの隠居(中村梅之助)、辰五郎の女(河原崎国太郎)、祇園の芸子(瀬川菊之丞)らが絡み合う。」<読売>200年を隔てた二つの作品のテンポや主題の相違も面白かった。(野沢)
by noz1969 | 2007-05-21 12:35 | 本・DVD

JIA環境建築連続セミナー

昨土曜日杉並区内、象設計集団富田玲子さん設計のドーモ・アラベスカで「住から環境へ ―2050年 住環境再生、その思索―」という大変なタイトルで話をした。
パネリストとして持田昭子さん(NPO生活科学研究所)も出席、ドーモアラベスカが会場ということもありかなりの人が訪れてくれた。会場としてここが設定されたのはもちろん「阿佐ヶ谷団地」見学がセットであったためだが、会の開始に先立ち寺尾信子さんから阿佐ヶ谷団地の四季を見事に見せるプレゼンテーションがあった。
10月のJIA建築家大会2007東京は「環境の世紀と建築家--2050年 再生にむけて--」というテーマということもあり、中村勉環境行動委員長からは2050年からのバックキャスティングをテーマとして話すようにといわれてはいたが、再生長寿命化のヒント実例になる「求道学舎」(近角さん設計)「東京未来大学」(圓山さん設計)の事例と、多摩ニュータウンなど各地に澎湃として起こりつつある居住者の当事者としての団地経営の具体的ケースを新狭山ハイツの話を具体事例として話した。また団地再生研究会での団地逍遥での経験から、オープンスペースとしての40年あまりを経た既存公団団地の意義、当時の計画の面白さ、それに伴い現在行われる建て替えの問題点など、また今後の様々な展開が可能となるための新たな制度仕組みを創造することの大切さ、それに伴い区分所有、一団地認定、など様々な現行法制度の問題に触れこれからの新たな合意をイメージする事の大切さに触れた。
持田さんの話の後、会場との応答があり会を終了。その後の約束のためあわただしく退席。帰りしなこの家、ドーモアラベスカの主人高橋氏が「面白かった」と言ってくださった。会場の人々はその後阿佐ヶ谷団地の見学へ。(野沢)
e0079037_12262393.jpg
e0079037_12264121.jpg
e0079037_1227099.jpg

by noz1969 | 2007-05-21 12:27 | 野沢正光建築工房

新狭山ハイツ

 新狭山ハイツは、1973~1974年にかけて誕生した民間分譲団地です。「団地」というと、建物の老朽化や住民の高齢化など時間が経つにつれ問題が浮き彫りになってゆくケースが多いなか、新狭山ハイツは素敵に年を重ねた「村」のようでした。
e0079037_2104373.jpg


 新狭山ハイツへは、西部新狭山駅からバスが運行しています。
(時刻表→http://www.seibu-group.co.jp/bus/timetable/dia/timechart/jikoku130137001.html)
 まず、管理事務所を訪れました。突然の訪問にも快く対応していただき、このハイツの英雄・手塚宏さん(NPO法人グリーンオフィスさやま代表理事)を紹介していただきました。(魚崎さん、本当にありがとうございました)ところが、手塚さんは御用事があり、このハイツの植木職人・向井さんを紹介してもらい、案内していただきました。
 「向井さんなら畑にいるだろう」ということで、共同農場へ。この共同農場は、近隣の方から借りたもので、一人約20坪、8割ハイツの住人さんが耕しています。農園には「こもれび亭」という小屋と休憩所があり(立派な工具や冷蔵庫もありました!)、大人のサロンになっています。ここで話したことが次の活動につながることも多いそう。向井さんは、「みんな同じ家に住んでるんだから、みんな同じなんだよ。仲間なんだ。」と嬉しそうに話してくれたことが印象的でした。
e0079037_13152616.jpg

 楽農クラブの農場は、始めはハイツの有志で借りたものだそう。子どもたちの体験の場にもなっていて、ジャガイモやサツマイモ掘りなどを無料でやるそうです。また、毎年4月に行われるビッグイベントに「炭焼き」があります。これはハイツから出る剪定枝や間伐材を活かしたもの。この他にも狭山市のモデル事業を受け入れ、生ごみを活かした「生ごみ処理機」など、そこにあるモノとヒトを活かした知恵がハイツ中に見られました。さらに、新狭山ハイツが成功しているのはカネのこともきちんと考えているから。ここでは管理事務所とNPOとの連携がうまくいっており、外部に回ってしまう資金を出来るだけ自分たちで運用し、活動の幅を広げています。また、足りないお金は公的補助や民間助成を積極的に活用しています。賢くやることは、なんて楽しいことなんだ!ということを教わりました。
e0079037_13155720.jpg

e0079037_2145192.jpg

↑生ごみ処理機
e0079037_13182792.jpg

↑防火水槽上部を木製デッキに
 次に、「調整池」に行きました。ここは、もともとコンクリート平板が敷き詰められたガランとした場所だったそうですが、その一角は今では植物の茂るビオトープとなっています。私が行ったときは、睡蓮の花が咲き、オニヤンマが飛んでいました。この美しい場所も、ハイツの方々が自力建設されて生まれたもの。「春になると桜がきれいで花見をするんだよ」と向井さん。なるほど、このハイツには、そこら中に居場所がありました。
e0079037_13174466.jpg

 最後に、「丸太小屋」を案内していただきました。ここは、手作り工作隊によって建設されたもの。ここには文庫が置かれていて、子どもとお母さんたちの憩いの場になっています。隣接する「なかよし広場」はもともとテニスコートだったものを広場に。「テニスなんて誰もやらないし、みんなで使えるほうがいいでしょう」と向井さん。毎年、夏祭りをするそう。収穫した野菜は屋台で売るなど、まさに村のお祭り!もちろん収益は今後の活動に活かされます。
e0079037_1318990.jpg

 バスを待つ間、向井さんが話してくれたことがとても気になりました。「偉そうなこといってるけど、俺が始めたのは60過ぎてからなんだ。若いうちはハイツに寝に帰るだけだけだったよ。60過ぎた頃に丸太の人に声かけられて始めたらおもしろくて。職業訓練学校にも通ったんだよ」ポジティブに高齢化を迎えること、経験を活かして地域に貢献すること。(織田)
追伸 エンドウ美味しかったです。向井さん、ありがとうございました。
参考文献:「家とまちなみ No.49」2004年3月号 
by noz1969 | 2007-05-18 20:11 | 野沢正光建築工房

住まいの外観コーディネートコンペティション

KMEW「クボタ松下電工外装」という長い名前のサイディング、屋根材,雨どいの企業が昨年から住まいの外観コーディネートコンペティションというコンペを行っている。同社建材を使ったものから優れたものを顕彰するというもので日経アーキテクチャー,日経ホームビルダー両誌がサポートしている。昨年に続き審査委員を務めた。委員長は藤本昌也氏。審査委員が私、井上要さんという女性、上記日経建築誌二誌の二人の編集長それにKMEW社長の計6名である。
自宅の外壁など無地の素板に塗装をして使うことはある。しかし様々なパターンがつけられ表面に厳重な表面処理を施したサイディングが私の設計に登場することはほぼ無いのではあるが、多くの住宅に使用されるこの材料について考えさせられることも多い。この手の建材は外国で見かけることが無く多分この国独特のものであるのだろうが、空気層をきちんとつくりしかも軽い。外装材の持つべき性能としてよく出来ているのだ。

受賞作品だが最優秀は竹原義二さんの北海道での障害者施設内の廃寮を再生させ再度施設に生まれ変わらせたコンバージョンであった。竹原さんによると敷地内に残る二棟の再生計画が始まる可能性があるとのこと、今回の仕事が高く評価された結果であろう。
北海道では性能の向上をも目指し既築の住宅の断熱、通気、外装改修を集中して行っている工務店、藤井建業がある。藤井建業からは昨年も大量の応募があったが今年も際立った応募があった。再生された住まいは住まい手に取り明らかにその性能の向上が実感できるはずである。そうした情報が新しい顧客を作っているのではないか。手法も手際も確立していて、住宅の再生長寿命化の旗手である。30年以上前のモルタルリシンなど断熱気密の問題が未解決で壁内結露などの発生と腐朽が懸念される物件の再生にも手馴れている。これがKMEW賞となった。松永英伸さんの船橋の売り建てが日経アーキテクチュア賞、福岡の柳瀬さんの自然の中の住宅が日経ホームビルダー賞であった。どちらも好ましい佳作である。松永さんは原さんのアトリエ出身であった。
写真一枚とコメントだけで応募が出来ることから、400以上の登録がある。企業の広報という意味でも成果があるのであろう。ほかにパース部門があり、学生、ハウスメ-カースタッフ、設計事務所スタッフが入賞した。(野沢)
by noz1969 | 2007-05-17 14:02 | 野沢正光建築工房

木造ドミノ

木造ドミノは半田君が日吉産業とのプロジェクトを進行中であり、ほかにも引き合いがある。かなりの興味を惹起していると思える。難波和彦さんの「箱の家」シリーズとは異なるが何らかのシリーズ化が果たせる可能性を感じる。
木造ドミノが内部に一切の構造壁を持たない ほかに無いフレキシブルなシステムであり徹底したオープンシステムであることを確認してもらいその有効性の認知がされることがそのために必要であろうと思う。われわれ開発グループと各地の建設者とのネットワークがこのプロジェクトを多彩に進めていくことを期待したい。

先の木の建築フォーラムでの話を相羽建設の迎川氏にメールで以下のように伝えた。私信をブログに転載することははばかれることではあるが興味深いので転載する。
「東京の木が今回のプロジェクトで買い占められて供給が止まってる、とのうわさ?がある、と聞きました(笑)昨日木の建築フォーラムでどなたかの口から。懇親会で飲んでたので覚えていませんが。かなりの話題のようでした。」
その返信が「先日の都のお偉方の訪問を初め、東京都の住宅と山の関係者の多くがモデル見学に訪れています。確かに東京の木の供給量は少なく、今の乾燥機ではそう多くは生産できませんから、2棟づつ発注されると、今までの秩序を乱しているのかもしれませんね。12日もバスでお客様を東京の山にお連れして山の現状や製材を見ていただきました。バスの定員をオーバーするほどの人気振りでした。住宅にかかわる者としてこんな運動も必要ですね。(一部改変)」とのことであった。こうした動きの今後に期待したいし、このプロジェクトの進化を勧める仕組み、ネットワークを作って行きたいしそれを担って行きたい。(野沢)
by noz1969 | 2007-05-16 11:26 | 東村山プロジェクト

木の建築賞

昨日、日曜、東大農学部の弥生講堂(香山寿夫さんの設計の木造建築)で「NPO木の建築フォーラム」総会が開かれ、その中で第三回木の建築賞の表彰があった。
「いわむらかずお絵本の丘美術館とアトリエ棟」が受賞。総会に参加した。諸事情によって遅くれて出席。第三回といってもこの表彰制度は地域ごとに巡回する仕組みのようで、関東地域が賞の対象になったのは今回がはじめてであるとのこと。晴れがましい。
会場ではいくつかの研究グループの発表があり落とし込みの木板壁構造についての研究が披露された。昔田中さんの工夫を真似てたくさんのペンションに同様の試みがされたことなどを思い出す。NPO代表の坂本さん、賞実行委員長の安藤さん、フォーラム創設時からの内田先生などが会場におられた。終了後懇親会。次回は東北北海道が対象地域となるとのこと。
e0079037_21403119.jpg

by noz1969 | 2007-05-14 12:53 | 野沢正光建築工房