<   2001年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

浦邸に行く    『住宅建築』2008年4月号

浦邸に行く         
浦邸の訪問が叶った。住宅を見せていただくことの難しさはよく知っている。ただ浦さんの家は見せていただける可能性があった。不思議な因縁だが私のカミサンと浦さんの娘さんが学生時代からの知己であったのである。しかもできたら訪ねたい住宅である。そんなわけで浦さん宅への訪問は30年近く以前からの我が家の話題、懸案であった。ただそうは言っても娘さんの不在のご実家にのこのこ押しかける次第も付けにくい。今回のお誘いはありがたかった。案の定カミさんも「行く」という。夫婦そろっての不思議な建築見学となった。
思い出せば震災の折にも当然「あまねの実家は大丈夫かしら」と話題にした。その結果が倒れ掛かった調度の被害はあったものの建物は全く無事であったことにもわがことのように驚き喜んだ。そして今回の訪問であった。駅からの道すがらの風景が新しく道幅も広い。これが震災のもうひとつの結果であった。震災の結果沙汰闇になっていた計画道路が施工されたのだ。その結果半世紀の時間の中で浦邸の姿を隠していた樹林が切り払われ浦邸は道に面して建つ事となった。11メートルの幅の森が道路として消滅したと言う。「森の奥に家があったのですか」と驚く近隣の人がいたと聞く。願いが叶って浦邸の前にいるのに贅沢にも以前の鬱蒼とした木立の中にあった浦邸の姿が見たかったと思う。歩道の脇に「くの字」の形をした例の柱が建っている。見上げると凹凸のあるレンガ壁、少し上るコンクリート土間はピロティの下である。写真で知っている例の様々な文字、パターン、化学記号、それから地震により、また道路拡幅によって土間が改修された日時の記載がある。よく見ると様々な文様もそれらをつなぎ描き継がれている。見上げる梁は「くの字」の柱から延び幾分中央で高さを減じ合理的構造設計を主張している。二つのピロティが連続する真ん中に池、ここに雨水が落ちる。しばらく地表をうろつく。建物の奥と前面には時間の経った樹木が茂る。道路開通以前の景観を偲ぶ。
一つ目のピロティをくぐる先に階段がある。玄関は半階ほどそれを上ったところにある。ドアを開ける。広い幅の階段、二階のフロアが目の高さに近く広がる。二つの棟をつなぐここは屋根のスラブが低い。結果として天井も抑えられそのせいか思いのほか広く感じる。その中に「くの字」の柱が鮮やかな色ガラスの逆光に影となってある。八本のうち唯一室内に取り込まれた特別の「くの字」柱だ。この柱の右手が寝室、子供部屋など私室の領域であり左手が公室、つまりダイニングとリビングである。公私が画然と分けられたプラン。振り向くとエントランスのドアのある背後の開口部も色ガラスによっている。モジュロールに拠る分割、この家の特によく知られているところだ。その横下階からの階段沿いの壁に建築家吉阪の手形、そして浦さん家族の手形が押された二枚のプレートがはめ込まれている。あまねの手がとても小さい。当時5歳という。ペイントの塗り替えなど各所に手入れの行き届いていることに驚く。浦さんご自身の手によっているところも多くあると聞く。建築の姿ばかりかそのメンテナンスを自身でなされる、まるでヨーロッパの住宅のようだ。
居間に招じ入れられる。室内を見せていただく。比較的高い天井そして開口部が少ないかと思わせる印象である。ただし開口部の一部に木製のブラインド雨戸が降りていることと、カーテンが下げられていることに拠るのだろう。それらが開け放たれたときに受ける印象とは大分異なるのではないか。しかしこれはこれでとても好もしい。震災により多くの什器調度を失ったとはいえ半世紀を経た室内は浦さんの過去と今が充実して存する。家具のほかに写真、絵画、書、書籍やレコードが主人の人格を投影する濃密な室内。そしてその中に原色に塗られたスイッチパネル、ドアの黄色い木製のラッチ、作り付けの家具など50年前の吉阪さんと浦さんの応答の結果があちこちに存在している。ピロティの上の空間はこの家の生活を確実に包み護ってきたのであろう。
1956年に竣工のこの家はもちろん吉阪隆正の処女作といっていい住宅である。計画は自邸の計画とほぼ同時に進行している。浦さんと吉阪さんは戦後のフランス給費留学生としてパリで同じ時間を過ごす。薩摩会館と呼ばれる日本建築が日本人留学生の宿舎であったという。その眼前にコルビュジエのスイス学生館があった。古風な寮から見えるモダンな建築。日本橋生まれのちゃきちゃきのあたらし物好きの数学者とコルビュジエに憧れパリ行き、そのコルのアトリエに通い、ユニテダビダシオンの監理に明け暮れ時折パリに戻る吉阪、二人は親密な付き合いをし、刺激的なコルビュジエの建築について話をする。浦邸はまさにこの邂逅が作り出した建築である。設計時の様々なやり取りは今も残される資料により検証可能であり、それは既に斉藤祐子によりきわめて詳細に検討され著されているからそれに譲るが、クライアントの要求は三項目、1、ピロティを設けること2、室内は土足であること。3、公私を分離すること、というものであったという。時代を思うとこれは恐るべきというべきものであろう。そして吉阪は細部にいたるまで丁寧に浦の希望に対応している。よきクライアントとの応答は共同の作業としてこの家に結実する。

そして1956年浦邸は竣工する。現われた建築はきわめて合理的なものであってわれわれがその後の吉阪の印象とし持つ彫塑的なものはレリーフなどを除きここにはほぼ存在しないといっていいだろう。架構はよく検討された「くの字」の柱と梁によっている。特徴的な柱は壁柱としての機能を持ち正確に四角形を形成するよう配されている。スラブはそこにダイアゴナルにかけられる。ピロティ下を見上げると梁は「くの字」柱を四角く繋ぎさらにそれと平行に井桁の梁が組まれている。その井桁の梁はその先に三角のスラブを載せていることになる。特徴的なファサード、「くの字」柱がスラブを中央でバランスして支えているように見える姿は平面図を45度傾けて見れば四隅に「L字」柱を持つ極めて強固な架構にも見えるのである。二つの棟は間隔を置き中央の一本の梁の上と下に反転して置かれている。この架構が未曾有の震災の強烈な加速度に対してもびくともせず奇跡のように耐えたのであろう。
そして貫かれた思想は真っ正直にドミノシステムである。コンクリートの二枚のスラブは自由な平面を作ることに貢献している。大地は開放される。自由なファサードは二重積みの特徴的なレンガ壁と木製のこれも特徴的な開口部枠によっている。この開口部は特に面白いし興味深い。大きめの断面のフレームの中に可動のガラス障子小さなガイドレールそれを走るブラインドのための板戸、通風のための細長い開口などが様々にセットされている。すべて木製である。特に居間の大きな開口に設けられた雨戸のための張り出したフレームには微笑む。遠くに行ってしまった雨戸には引き寄せるための長いハンドルがついている。フレームをモジュロールにより分割し開口部の様々な機能をそこに付与する、コルビジュェ直伝、ユニテダビダシオンの開口部に極めて近い。大き目の庇の役目を果たす屋根スラブのおかげときめ細かに行われているメンテナンスによってこの開口部は今日も健全に保たれている。架構を要素ごとに分節し目的にあわせモジュロールを手がかりに適宜配する。それが建築の姿となる。この開口部には吉阪の二年間のコルビジュジエ体験が素のままに若々しく現われているともいえるのだろう。

大分以前20年ほども前のことだが50年代の住宅について考えいくつかの住宅を見て回ったことがある。「建築知識」誌が50年代建築の特集を先駆けて企画していたころだ。いつの間にかそのときの経験が私の血肉となっているとも思う。自邸で清家さんご自身から話を聞いたのはそうした折であった。清家自邸が竣工したのは1954年、浦邸竣工の二年前である。ちなみに清家さんは1918年生まれ、吉阪さんはそれより一年早い1917年に生を受けている。二人はまさに同世代の建築家である。かたや地にぴったりとつき床暖房を敷設し地下室を持つ広大な庭に連続する小さな一室空間としての清家邸、そして一方地表から離れ家族一人一人を個人として扱い公私を峻別する浦邸。清家邸の規模はたかだか50平米これに地下部分を加えても70平米に過ぎず、浦邸は130平米、清家邸の2、5倍ほどもありしかもほぼそれと同面積のピロティを持つ。この二つの住まいは対比的ではあるが共通して時代と場所をはるかに飛びこえているように思う。習慣を超えた最新の生活が突然そこに現われたごとくである。二つの住宅はいかにも新しい時代のまだここに無い生活を目指すものであったのであろう。そして二つの住宅がともにコンクリートによる堅固な躯体を持つこと、レンガによる二重壁を作ることを試みていること、開口部をユニットとして解いていることなどに時代のなかで共通する宿題を共通する思考で解くことをともに試みていることも興味深いことと思う。

あたかも出来上がったものとして、様々な複合され機能化された「建材」がカタログにあり、設計することをそれらのアセンブルとしてしか意図することができない、それが今日であるとすれば50年代はすべてのものをデザインする、意図する、自らの手で考え描き創る時代であった。浦邸はクライアントと建築家がその作業を担いともに行うことによって現われた奇跡であろう。その「意図」のひとつがプライバシーの尊重と個の責任を家族ひとりひとりのなかにも求めたことにある。それがここにしかない室内から施錠できるドアの木製のラッチの「開発」に至る。ヒントは日本家屋の雨戸の錠であろう。黄色くまたは黒く塗られた錠は50年を経て今も機能を果たす。家は生活の器である。ここには50年前、吉阪と浦が共通して抱いた新しい生活に対する真摯なイマージュがある。だから生活をサポートする一つ一つのものはここにしかないものとしてここにあるのだろう。そしてここにはそれが今も存している。
私たちはそれに不自由の時代の自由な豊かさを見ながら今日に豊かなの時代の不自由と貧しさを思う。そして「モダニズムとは用が終了するとともに消滅を覚悟している建築である」と唐突に言った評論家を思い出す。妄言である。建築は決してそのようなものであることは決して無い。維持しながら使い続けることの豊かさと充実、そして記憶、このことをこの住宅ほど雄弁に物語るものは無い。
by noz1969 | 2001-03-22 13:01 | 『住宅建築』

『Bulletin』0804

里山の自然に囲まれた美術館
いわむらかずお〈絵本作家〉
     

「いわむらかずお絵本の丘美術館」の活動と建築

「ここは町一番の場所ですよ」と馬頭町(現、那珂川町)の人たちが案内してくれたのは、日光や那須の山々を見晴らす美しい丘だった。那珂川に向かって岬のように突き出た丘には、雑木林、草はら、桑畑、竹やぶ、植林地などがあり、南と北の谷には小川が流れ、田んぼやため池があった。そして、うれしいことに北隣の丘には牛のいる農場があった。二つの丘に私たちが求めていた里山を構成する要素がほぼ揃っていた。「ここに絵本美術館を建てよう」私たちがそう決心したのは、1995年の春のことだった。
 私たちが計画したのは、建物があるだけではない里山の自然に囲まれた美術館だった。里山をまるごと美術館に。つまり、絵本の世界とその舞台である里山の自然がともに体験できる所をつくろうと考えたのだ。そしてフィールドには、いのちの営みの中心「食」、そのまた中心であ「農」を体験できる農場が欲しいと願った。
 私は絵本作家として仕事を始めて5年目の1975年、東京を離れ栃木県に移り住んだ。私にとっての原風景でもある里山の自然のなかで、家族と暮らしながら絵本を描いていこうと思ったのだ。以来、雑木林に暮す野ねずみ一家を描いた『14ひきのシリーズ』など、身近な自然からたくさんのことを得て絵本を描いてきた。私の絵本と自然は切り離すことが出来ないものになていったのだ。
 しかし、近年、私の大事な読者である子供たちが自然体験からどんどん遠ざかっていくようになった。作者である私が、里山に暮らしどんなに自然を描いても、自然体験の少ない子供たちには充分に伝わらないのではないか。子供の時代に、自然から感じ取ることや多様な生きものたちに出会う体験は、人の成長に欠かせない大切な糧になるに違いない。芸術も科学も哲学や宗教もその出発点で自然から多くを感じ学び取ってきたのではないのか。
 計画の早い段階から建築家に加わってもらうことにした。建築が私たちの活動の意図をしっかり表現して欲しいと思ったからだ。友人で大学の後輩でもある野沢正光さんにお願いすることにした。彼が普段から環境にも強い関心を持ち活動していることや、私の絵本や美術館の計画に理解を示してくれていたことがその理由だった。彼なら、単なる設計者としてだけではなく活動のパートナーとして参加してくれるに違いないと期待した。
 建築プランは、私の絵本の世界のイメージと重なること、地元の木材を使うこと、自然の景観にとけ込むこと、環境に配慮することなどが当初から話し合われた。何回も一緒に現地に出掛け、意見交換し、図面を書き直し、プランは具体化していった。丘の斜面は削らず地形をそ
のまま生かす。全体をいくつかの建物が集合した小さな集落のようなイメージにする。原画の展示室、収蔵庫の外壁は防火上コンクリートにする。OMソーラーシステムを採用する。館内全て車椅子で移動できるようにする。眺望を生かし、生きものたちを観察しやすいように建物の南側にデッキを付ける。
 木材は地元の材木店が町内の山から杉を切り出し製材してくれることになった。切り倒したところを見ますかという材木店からの連絡で、私たちは山に出掛けた。途中で車を降りて薄暗い杉林のなかの坂道を上っていくと、急に明るい場所に出た。太い杉が何本も斜面に横たわっていた。樹齢90年、私の両親が生まれる前に芽を出し、あの戦争の時代を生き抜いてきたこの杉が、いま山を下り私たちの美術館になるのかと思うと愛おしくなって思わず抱きしめた。
 床材は那須の唐松を使った。当初、木が暴れて困ったが、しばらくしてすっかり落ち着いた。塗装は柿渋にした。スタッフがまめに塗りつづけたことで、今では渋が木にしみ込んで黒みをおび、深い味わいを出している。
 傾斜地をそのまま生かしたことで、ティールームが玄関ホールや展示室から一段下がって位置している。その段差をつなげ車椅子が楽に行き来できるようにスロープを付けた。限られた予算のなかで館の中心につなぎのために大きなスペースを取るのは痛かったが、開館してみると障害者や高齢者の車椅子、あかちゃんの乳母車などが思ったより多く、スロープは生きた空間になった。車椅子の人たちのためだけでなく、来館者が展示室からティールームヘと向かう気分転換の空間であったり、帰路につくときは、余韻を楽しむように出口ヘと向かう空間にもなった。体の不自由な人たちにとって快適な空間は、健常者にとっても心地よいのだ。
 ティールームのテーブルとベンチは、木曽の家具工房に依頼した。打ち合わせに木曽に出掛け、工房の人の案内で資材置き場に行き木を見せてもらった。ミズナラ、クリ、サクラ、トチ、クルミ、みんな日本の山の木だ。どの木も個性的で表情がありとても魅力的だった。どれ
を選ぶか決めかね、思い切って「五種類全部!」と言ってみた。すると「いいですよ」という返事。というわけで、五種類の木のテーブルとベンチが並んだティールームは、さながら木の展示室になった。五種類の木を言い当てられる人はほとんどいないが、来館者はお茶を飲みながら木肌の感触を楽しんでいる。
 2003年、展示室の隣にアトリエ棟が完成した。小さな集落のような建物群にもう一棟加わったわけだ。集落が少しずつ大きくなる、野沢さんの当初からのイメージがひとつ実現した。仕事場の他に寝泊まりできる居住空間も備えた。この丘からもっと絵本を生み出すために、ここに滞在する時間を増やそうと考えたのだ。真夜中や早朝のえほんの丘も知りたいと思った。美術館と同じように広い窓とデッキを付け、生きものが現われたらすぐ観察できるようにした。実際、この建物が出来たことで、生きものたちに出会う機会がずっと増えた。夕暮れのアトリエの前でイノシシの大群に出会ったり、垣根をくぐって野ウサギが庭に入ってきたり、合併浄化槽の排水の小さな池に、いろいろな鳥たちがきて水浴びしたりしている。
 絵本、自然、子供をキーワードに、さまざまな活動を続けてきたが、この4月、美術館は開館10周年を迎えた。子供たちの自然体験の重要性はますます多くの人たちが指摘するようになった。特にこの国の「食」と「農」は環境、食料自給、後継者などさまざまな問題を含みな
がら深刻な状況に追い込まれつつあり、一人ひとりが自らの対応を迫られている。今、農場の使われなくなった母屋を改修して農場イベントに活用し、えほんの丘の活動を盛り上げようと、NPO法人立ち上げの準備が友人たちを中心に進められている。もちろん、野沢さんもその重要な一員として参加し、母屋改修プランなどを練っている。建築家が設計だけではなく、活動そのものに深く関わり続けてくれているのは心強い。
 交通の便が悪いにも関わらず、遠くから訪ねてくる人が多く、来館者の滞在時間は長い。展示を見て、草はらでお弁当を広げ、農場まで歩いて、また館内に戻ってと、半日ここで過ごす子供連れの家族に出会うと、なんだか私も幸せな気分になる。建築が絵本や里山の自然と一体となって居心地のいい空間を作り出し、私たちの美術館活動を支えてくれている。    
いわむらかずお〈絵本作家〉     
by noz1969 | 2001-03-21 21:38 | 『建築家って』

新旧の技術が同時に見えるおもしろさ

この建物を見たのは2、3年前で、僕がある建築ツアーの団長として10数人を引率するという旅の途中だったんです。スイスからドイツに入ってオランダに行くという。そしたら途中にどうしてもベルギーが挟まってきて(笑)、どうせ通るなら何か見ようということになった。で、ベルギーーといえば、ムール貝食べてオルタの建築を見るしかないので(笑)、アール・ヌーヴオーの建築なんてあんまり好みじやないと思いつつ行ったわけです。
 でも、実際に見たら、確かにむせ返るように装飾がムーツと充満してる感じはあるけど、そんなにくどくはないし、なにより中が明るいのが印象的でした。それはやっばりガラスが大きいからなんですね。ご存じのように、この時代に科学技術がすごく進歩して、巨人なガラスがつくれるようになり、サンルームや天窓ができたり、大きな開口部が現れた。この家では有名な天窓はアーチ状だから小さなガラスをつないでいるけど、各部屋の大きな窓などを見ると、ちゃんとそういう新しい時代のテクノロジーが入っているのがわかります。
 それから、階段の手すりの装飾も全部スチール(鋼鉄)なんですよ。こういうものはもっと前の時代だと、型に流し込んで固めるキャストアイアン(鋳鉄)でつくるんだけど、それをオルタは全部フラットな板をわざわざ曲げてつくらせてリベット(鋲)で留めさせてるんです。
 ちなみに、この頃できたエッフェル塔は錬鉄という、鋳鉄の次にできた材料でできていますが、実はその錬鉄もすでに時代遅れで、エッフェル塔ができた頃にはもう鋼鉄ができていて、その後はどんどんスチールでものをつくる時代になる。建築の世界でもこのあとミース・ファン・デル・ローエが出てきて、最新の技術を駆使して鉄とガラスの建築をつくったりするわけですが、そう考えると、一見対照的なこの建築にもそういう気配がないともいえないんですよ。ただ、そんな最新の材料を使って、ヨーロッパの昔からのティストの装飾をわざわざつくるというのは、いかにも建築家らしいし、あきれちゃうところでもありますね(笑)。
 おもしろいのは、その一方で、100年前からずっと大事にされてきた昔からの職人技もちゃんと生かされていることです。特に階段の手すりに見られるような木工芸的な技はすごいですね。階段の四隅こ揺れ止めの役目を果たす柱のようなものが立っていますが、それなんかは木でできているのに上のほうに行くにしたがって金色に光っていて、まるで途中から金属に化けちゃったみたいなんです(笑〉。完全なフェイクでしょうが・・・。
 とにかく、この建物にはそういう昔からの伝統的な技術も入っているし、当時の最先端のテクノロジーも入っている。つまり、その時代が持っていた総力が表れたというか、急速に変化したある一時代を切ってみたら非常に複雑な断面が表れたという、そういう建物ですよね。
 話は変わるけど、レンゾ・ピアノが設計した関西国際空港ははハイテクの頂点みたいな建築ですが、側面の巨大な開口部を支える弓形の方立(縦こ入れる補助材)は一種の鋳物で、日本ではつくれなくてフランスでつくらせたもので、それを製作したのが何とエッフェル塔をつくったギュスターヴ・エッフェルの流れを汲んだエッフェルという会社だそうです。
 やっばり新築と同じように、文化財の保存や修復がきちんと行われている国だと、100年前の技術がちゃんとあるわけですね。そんなふうに、今と昔の技術がみな併存していて、目的に合わせて使えるというのはうらやましいなと思う。
 ただ、日本にもまだ能力のある職人というのはいるし、そういう職人は今ではあまり見られなくなった技術を使ったものをつくりたいと言うと、すごくおもしろがるんです。たとえば、那須の週末住宅は僕が設計した別荘で、複雑な木構造をそのまま室内に現して意匠にしたような建物なんですが、これまでに何度か一緒に仕事をしてきた腕利きの大工に最初にに図面を渡したら、「野沢さん、今度のこの建物の大事なとこはここだろ」と、図面見ただけでわかってるんだぜといわんばかりに自慢してくるんですよ(笑)。
 建築家と職人にはそういう応答みたいなのがあって、「あいつなら、こういうことをやらせるとまた乗ってくるかな」という、ちょっとジャムセッションみたいなおもしろさがあるんですね。オルタ邸にも明らかにそういう気配がありますよね、「相手がいる」みたいな。
 それにしても、大きなガラス窓からたっぷり光が入って、裏庭や温室の縁も見えて、流れるような空間があって、暖房設備も完備されていて―オルタは隣のアトリエに行くのが嫌になっちゃったんじやないかと思いますね(笑)。
by noz1969 | 2001-03-19 12:01 | 『建築と町づくり』2007年8月号