船橋ボックス

文京区向丘にある宮脇檀の「船橋ボックス」が解体される。その前に一度、ということで今日公開された。竣工から34年ほど経つという。コンクリートの単純なファサードの中に木造の設えがある。スケルトン+インフィル、オープンビルディングの気配のある住宅である。エントランスからすぐに階段の吹き抜けがあり盛大なトップライトかrら光が降る。「ボックス」シリーズのひとつ。都市的環境にたいしコンクリートの殻で護り、内に木造を仕立てる、コンセプトに素直な姿が好もしい。跡地には中層の賃貸マンションが建つらしい。宮脇さんが没して10年が経つ。
by noz1969 | 2009-04-04 18:20 | 日記
<< アンドレアさんを祝う 再度西へ >>