東工大へ

後期、昨年と同様、設計製図第四第二課題を担当する。坂本さんが統括する課題である。昨日課題の提示を兼ねて小さなレクチュアをする。昨年は60年代の団地の計画上の面白さを知ってもらいたいと考え百草団地を敷地に任意の改変、建築の追加を課題としたが、今年は同じく団地を敷地に幾分環境的思索を独創を込め展開して欲しい、と少し欲張っている。今年から東工大には安田研究室の助教として村田涼君がいる。「彼がいるな」と考え宿題を大きくしたこともある。兄貴分として学生と応答し助けてくれることだろう。もちろん昨年同様安森さん、奥山さん等のサポートもあり、修士、博士課程の人との応答もあるに違いない。手厚い。週に一度のエスキスはこうしたサポートの厚さに助けられている。終了後坂本研究室でしばし歓談。この課題が坂本先生の最後の課題となるとのこと、楽しみながら充実したものにしたいと思う。
by noz1969 | 2008-11-28 11:25 | 日記
<< Ahaus 東京中央郵便局を重要文化財にする会 >>