東京中央郵便局を重要文化財にする会

東京中央郵便局の存続にかかわる局面が危機的状況である。先日事務局を引き受けてくださっている 多児さんから請願署名の要請があり送付した。その返信が昨週末にあった。これからの動きはとても予断をゆるすものではない。どのような手段があるのか。吉田鉄郎の建築が消えるのはなんとしても惜しい。国会は延長されるはず。請願の締め切りもそれに伴って延長されるとのこと。是非この署名請願に参加して欲しい。
以下に事務局からのメールをコピーする。

発起人及び賛同者の皆様へ

本日午後、東京中央郵便局の件で請願署名を提出してきました。
今日の午前中までに集まったのは
 衆議院分は 258名、参議院分は230名でした。

短い時間に多くのご署名をいただきましたこと、感謝申し上げます。
署名は、衆議院は 9名、参議院は6名の超党派の紹介議員により提出いたしました
ので、ご報告申し上げます。

なお、明日が請願の締め切り日ですが、国会の会期が延長になった場合(可能性大)は、

締切日も延長されますので、本日の提出後に届いたご署名も追加で提出いたします。

10名ずつ書ける署名用紙もご活用くださいませ。


2008年11月20日
東京中央郵便局を重要文化財にする会
事務局長 多児貞子
by noz1969 | 2008-11-25 12:48 | 日記
<< 東工大へ ラルフ・アースキンの建築 >>