エネルギーデータ

エネルギー使用量のデータがなかなか共通のものにならない。単位そのものが欧州と日本で一見すると異なるのだ。それにより彼の国とこの国の比較が阻まれているように見える。ドイツのパッシブハウスが目標とするものとこの国の目標の比較がそのままでは難しい。何とかそれを繋ごうと目下工夫している。それをしてみるとどうも日本のデータが怪しいのである。ひょっとするとデータは実勢の半分ほどの指数を示しているのではないかとの気配を今感じている。
ではあるがデータのエネルギー使用の成分比そのものは外国との比較は必要のないものであり、実態をまあ反映するものだ。地域の偏差はあるが、温暖地域で「暖房」三割、「給湯」三割、「その他」四割(おのおの前後)と言う感じである。寒冷地諸国と比べ、圧倒的に「給湯」、「その他」の二つが占めるエネルギー量がきわめて大きい。「その他」には照明、待機電力などのほか暖房便座など呆れた?補助暖房機材が含まれる。そして多分この国の住まいは電気製品の数が圧倒的に多い、その上そのかなりが使用時以外に待機電力という「電力」をとても多く消費している。そしてもうひとつの特長、「給湯」である。そのボリュームがこれまた大きいのはシャワーでなくゆったりとお湯につかる風呂の習慣がその原因として考えられる。ただこれも「暖房」の行き届いた北海道などで比較的低い値を示すところから「暖房」の不備、それにより風呂に長くつかることになっている、とも考えられよう。風呂が不備な「暖房」の下支えになっていると言うことだ。
断熱気密を行い、「暖房」を極力自然エネルギーによるべきである。それととともに「給湯」エネルギーについても自然エネルギーによることを真剣に考えることがもう一度大きな意味を持つことになりそうである。
ここでオーエムの「給湯」利用の持つ意義が再度注目されることになる。何よりオーエムによる「給湯」は年を通じて行なうことのできる自然エネルギー利用であり、冬季日照の期待できない日本海側であっても活用可能なものであるからである。
by noz1969 | 2008-08-29 22:09 | 日記
<< 村野展 太陽エネルギー利用プロジェクト >>