バーチカルレヴュー ムサビ

昨日一日、ムサビでバーチカルレヴュー。二年生から四年生まで前期課題を講評する。ゲストはヘルツオークdeムーロンの事務所を経験した俊英、菊地宏氏。対象は各学年の上位数名の作品である。スライドを見ながらの説明は持ち時間のせいかメモの棒読み。このぐらいの話は前を見てメモ無しですべきだろう。その後模型を囲みあれこれと議論がされるのだが、図面などの提示が断片的で深く理解できない。作品を作った当事者もつめた理解をしていない。自己満足と思えるコメントを彼等から聞く。突っ込んだやり取りをもっともっと期待したい。発表の形式にも一工夫が必要かもしれない。
by noz1969 | 2008-07-12 13:53 | 日記
<< Y.GSA 絵本の丘のなかま >>