エコジャパンメール

エコジャパンメールというNIKKEIの配信しているメールマガジンがある。
私のところにも送られて来る。開かぬままにしていることもあるが、土曜の今日、最新号の巻頭の記事を見た。清水和夫さんの「ナント市に学ぶ最先端の都市交通」と言う記事だ。清水さんは自動車評論家,と言うことだがここではナントのパーク&ライドを説明している。こうした取り組みは先般ストラスブール、フライブルグなどで再度見てきたばかりだが、ヨーロッパ中に広がるこの果敢な取り組みの面白さに感心する。エコのほかに様々な実利もあるのだ。どういうわけかこれがなかなかできない許認可の仕組みがこの国にはある。「スカートを踏んでいる」ご当人がまったく無能なのだろう。
以前、アムステルダムの町を散歩しているときその姿を高みからとってくれた同行の人がいた。それをもらって、街路のパターンがわれわれの知っているものと大きく違っていることにあらためて気付いたことがある。自動車がいかにも通りにくいデザインであった。ナントのレポートにある交差点の俯瞰にも同じことを思う。こうした取り組みが大きく遅れている。交通を考えることを市民の手に戻さなくてはならないのではないか。
by noz1969 | 2008-04-05 12:27 | 日記
<< 国大三年生 NCRビル(現日本財団ビル)見学会 >>