岡倉天心 

最終日を明日に控えた土曜日、芸大美術館へ。120年の東京美術学校の歴史、その入り口を見る。何より明治が遠い。まったく歴史の彼方だ。西欧での万国博覧会、それに伴うジャポニスムが美術学校の追い風とは気付かなかった。マダムバタフライと同時代であることを改めて確認。ほんのたかが100年前は江戸の続き。クラシックの世界である。
by noz1969 | 2007-11-19 22:44 | 日記
<< ニ笑亭綺譚 真鍋さん編集新刊 >>