川口先生から Shukhof Towerのこと

e0079037_1145863.jpg
先日 法政大学の来期スタジオの打ち合わせのための会議があった。終了後の懇親会会場で 川口衛さんがモスクワのシューホフタワーが解体の危機にある、保存の運動をお孫さんが行っているので エールを送って欲しい旨話をされチラシを配られた。私にとっては写真でしか見たことがない電波塔ではあるが、その印象は極めて強い。これほど少ない鉄骨使用量で150メートルのタワーが構想され建設されたことに驚くし 100年近くそれが健在であることにも改めて驚く。この運動に何とか多くのかたがたの賛同をお願いしたいと思う。私からも宜しく。
川口さんにいただいた チラシを添付する。チラシにもあるがエールの送り先はshukhof.v@gmail.com シューホフの生涯はWWW.shukhof.orgで得ることが出来るとのこと。
by noz1969 | 2014-03-14 11:20 | 日記
<< 「建築家大高正人の仕事」刊行記... 「建築家大高正人の仕事」刊行記... >>