9,19

千駄ヶ谷駅を抜けるのに小一時間を要した。駅構内の通路、立ち止まり動かぬ群集が炎暑の中、穏やかにわずかな進行を待つ。肩車された子供までもが。あまりない光景だ。偶然隣の隣になった他人と話しをする。これは電車内からのことでもあった。「信濃町まで行って下車したほうが良いようですよ}などと。
明治公園の周辺までも人の波、もちろん多くの人々が会場の中に入ることが出来ない。子供連れの女性が多い。この人たちが特に今回の問題に敏感な人たちだ。会場から聞こえる声を聞きながらこれら周辺を埋め尽くす人々はパレードと言う名のデモ行進の出発を待つ。
3,11以降 これほどの集まりははじめてとのことだ。こうした方法の他に声を上げるすべがないとすれば何回でもこれを繰り返すしかないのだろう。考えることと、行動すること。そしてそれを広く広げること。そしてこれを本当の力にし変革を必ず実現する、私達はこの道筋を成功させなければならない。
by noz1969 | 2011-09-20 14:00 | 日記
<< 住宅特集10月号 静岡のドミノ >>