愛農の記事

日経アーキテクチュアの最新号のニュースにわれわれが行った愛農高校の減築耐震改修+屋根集熱と外断熱施工による温熱改善のプロジェクトが取り上げられている。日経アーキが新聞社的メディアであり取材後内容についてのこちら側のフォローが無いものであるのだが内容は極めて冷静である。こうした報道により、知恵を絞った様々な試みが各地に広がることを期待したい。開口部に無骨なブレースを入れるだけの知恵ではあまりにもさびしいではないか。人口は減じつつある。減築、コンバージョン、再生により建築を再度整える、このことがこの国の風景を重層的で体力のある より豊かなものとし、過ってここにあったはずの豊かな景観を再生するはず、そう思いたい。
e0079037_1711237.jpg

日経アーキテクチュア 2010 12-13号
by noz1969 | 2010-12-19 21:58 | 日記
<< 松浦武四郎と一畳敷 信濃境の住宅 >>