安城のドミノが竣工

阿部建設の木造ドミノ住宅が安城の区画整理事業に伴うエコタウン内に竣工した。週末の土曜にまち開きがあったが所用ありで欠席、昨日曜に出向いた。ドミノ研、迎川氏同行。区画整理事業においては宅地の施工に伴い地権者が一時的に居住するための住宅を必要とする。それを安城市ではエコ住宅体験を伴うものとすることを考えプロポーザルコンペとしたのだ。快晴、多くの見学者があふれている。建ち並ぶ数棟の住宅のなか比較的小ぶりな阿部さんのドミノは直射の日射とオーエムの集熱により快適な室温を維持している。。見学者が多く出入りが激しい。ということは建具が開いている時間が極めて長いなかでのこの環境は無暖房の実現を保障していると考えていいだろう。快晴無風の気象状況のなか、ほかの住宅は室温が一定でなくしかもエアコンの音がしていたものもあったのだ。生活しながらの様々な指標を比較することでドミノの優位がはっきりと現われるのではないかと思う。その後豊川に。イトコーさんのモデルハウスを見る。伊藤さんと豊橋市内で食事懇談。帰朝。
e0079037_12571050.jpg

e0079037_12572378.jpg

by noz1969 | 2010-12-06 15:01 | 日記
<< 雪国ドミノに双子 「建築は生きている 吉村順三建... >>