士会連合会会報に

士会連合会会報「建築士」12月号に記事を寄せた。連載「環境時代の住宅設計」第二回吉村順三のパッシブデザイン-環境と建築 その先駆として というタイトルである。この連載は編集を担う方からの依頼で関与することとなったもので、住宅設計現場での環境にかかわる部分を 実際に即したものとして 連載記事としたい、との意向によっている。打ち合わせの中で ひとりの記述による連載ではなく 日本各地の様々な環境の中での試みを実作を通し 直接携わった人々に書いていただくのが 良いのではないか ということになった。幸い 昨年には環境省の主導で企画され 各地の建築家の手による地域に根ざした「エコ住宅」20棟が建設されてもいる。こうした事例の測定データも徐々にあるまりつつもある。これ等を含め様々な試みをドキュメントし評価,議論することが一定の意味を持つだろうと考えたのだ。連載は一年または二年にわたる予定で、寺尾信子さんがこの作業のコアとなり企画が練られ連載は先月号よりスタートしている。
今号は吉村さんの軽井沢「森の中の家」という極めて著名な住宅を取り上げつつ、この住宅ががいかに配慮に満ちたものであるか、特に環境面で、を示し、これから記事として現われる今日的の試みの前提として考えたいという意図によっている。4ページの短い記事ではあり特に目新しい指摘があるわけでは無いかも知れぬとも思うが幸いカラーページである、できる限り鮮明な図版と写真により紹介したいと心がけた。この機会にこの住宅がいかに合理に満ちたものであるか、再確認していただけたらと思う。そしてこの連載の展開に期待していただきたい。
by noz1969 | 2010-11-29 13:25 | 日記
<< 信濃境の住宅 逗子小坪の住宅その後 >>