逗子小坪の住宅その後

この住宅は新建築の「住宅特集」が本紙の別冊、季刊として発刊されていた時期の今から25年ほど前のものだ。集熱部の改修についてはこのブログでも先回触れたが、一新したシステムは順調に快適な室温を作り出している。設計当時、室内空気の循環によるものであったが今回小屋裏からの外気取り入れに改修したがこれも思いのほか簡便にできた。コンクリートブロックの穴に屋根で暖めた空気を通し、ブロック本体に蓄熱するという思いつきはこの住宅の少し前に設計した八ヶ岳の別荘で試みたもの。このときは北海道のセラミックブロックを床に水平に敷き温風を通した。
今回屋根裏機械室への出入りをスムーズにするため,小階段を付けた。面白い姿になった。
e0079037_1729457.jpg

by noz1969 | 2010-11-18 13:03 | 日記
<< 士会連合会会報に 聖アンセルモ目黒教会 >>