河庄

もう大分日がたつが 北九州でJIA大会があった折に博多中洲の「河庄」に赴いた。大げさではあるがここを訪問することが長年の懸案?機会があったら、と考えていた。今回の九州大会は千載一遇!であった。吉村順三1959年デザインの割烹、1959年といえば私が芸大で吉村に教えを受ける以前の竣工である。それが今も50年の歳月を感じさせないたたずまいでここにある。小さな敷地の中層の打ち話しコンクリートの建築、角に面する入り口の二階はPCのルーバー、一階部は木製の格子が回る。一階にはカウンターが「への字」に設えてある。客がお互いに気にならない構えだ。その上 店の者にとっては客の様子がつかみやすい。今言うオープンキッチンである。煮焼きもするおおきな厨房が客の目の前にある。こうしたレイアウトの店舗は当時極めて稀であったはずだ。もちろん下ごしらえのスペースは裏手に用意されている。内部の木部、ルーバーと縦羽目板は柾目の米松であろう。いわゆるピーラー。天井はおおきな板目の合板、材はケヤキであろうか、経年のせいもあり私にはわからなかった。もちろん当時のままのヒノキのカウンタ、ー、その固定の椅子の足にだけに鮮やかな彩色がある。この椅子の仕掛けとともにほほえましい。もちろん板前は気配りの効く対応、料理の水準は言うまでも無い。この「店舗建築」が半世紀を姿を変わることなく盛業であることに圧倒的な豊かさを感じる。博多という土地の豊かさか?世間では店舗ほど盛衰が激しいものは無いというのが常識ではないか、その中でここのすごさは一様ではない。建築は手入れが行き届き往事のまま現役だが女将は三代目であるという。帰りしな二階の座敷を見せていただく。ここも原型のままである。広間の床の左に小さな洞床様の棚が三段に重なる設え。どこかにヒントがあるのか、はたまた吉村の独創か?建物は時間がたつほどよくなる。ただし使い手の建物への愛着と手入れがそれを可能にする、そう思う。また行こうと思う。
e0079037_17412743.jpg

e0079037_17415659.jpg

e0079037_17421753.jpg

e0079037_17423534.jpg

by noz1969 | 2010-11-06 15:21 | 日記
<< 重力暖房とオンドル 愛農高校ブログ >>