豊橋にて

週末の愛農行きは豊橋泊。安城で阿部建設により建設中の「ドミノ」の状況をを確認したい、ということが理由である。ここにはOBのK君がいて、今回の安城の「ドミノ」をサポートしてくれている。翌朝、彼の事務所にお邪魔する。少々打ち合わせ。彼の事務所+自宅は豊橋名物「水上ビル」にある。上手にリフォームされている。上階がすまい。戦後どのような事情によってか、河川の上に延々とビルが建てられた。河川はじつは農業用水であるらしい。今は水の流れは無いとのこと。当日が日曜であったため店舗などの営業が無かったのだがこのどこにも無い風景は決して寒々しい風景ではなかった。工夫によって必ず活況を呈する場になりそうなポテンシャルを感じる。
e0079037_19123930.jpg

K君の車で安城へ向かう。途中K君設計の鉄造住宅を見る。力作である。以前から気になっていた「蒲郡プリンスホテル」に立ち寄る。新幹線からも見える偽和風?のホテルだ。スタッフによると昭和9年創業、蒲郡の市と商人の出資によって建てられてとのこと、建築家は家久野さんと村瀬さんとのことだが心当たりは無い。なかなか凝った造りで決していやみでは無い。昭和期に入るとこうした造形も幾分モダンになりシンプルになるのかもしれない。松の木々とつつじの刈り込み、その向こうに海、竹島を近くに遠くに渥美半島が突き出る、なんとも日本!!という景観がそこにある。一度だけ訪れたことがある惜しくも焼失した松島ホテルを思い出した。
e0079037_1913866.jpg

その後安城、ドミノにしてはゆっくりなペースだが急ぐ必要の無い一棟目だ。各所に阿部建設仕様。帰途豊橋名物田楽と菜飯の店「きく宗」で遅い昼めし。帰る。
e0079037_19131598.jpg


その後ちょっと調べたところ ホテルマンの話はちょっと変で、建築家はあの久野節(鉄道省技官、大阪難波南海駅ビルなど駅併設百貨店建築などで著名)ということです。カクノさんは変だなとおもいました。鉄道省が観光局を設置、国際観光ホテル建設を公募その結果選定され、建設されたとのこと。選定は鉄道省の縁故ですかね。地元の事業家滝家(タキヒョー)が建設。
by noz1969 | 2010-10-25 16:45 | 日記
<< 穴川と小松川 愛農減築完成 >>