安城のドミノ

先週金曜が安城市の区画整理地区でのドミノの上棟であった。このプロジェクトは安城市が区画整理のため移転をする方の一時居住のための住宅建設を「環境配慮型住宅」とすることにより市民への浸透の機会とするべくコンペ形式での応募を募ったことによっている。名古屋の名門、阿部建設が「木造ドミノ住宅」によりこれに応募した。野沢事務所OBの黒野君が中心となってわれわれとともに阿部建設のスタッフをサポート、応募案を作成した。結果、首尾よくわれわれの案はダントツの第一位という評価を得た。上棟は関係者のみのごく簡素なものであったが、ドミノが中部地域に姿を現すのを目前にし感慨もひとしおである。阿部さんの意気込みも一方ではない。ここには全部で五棟が建設中だが、残り4棟との性能の違いが際立つはず、とひそかに思う。三重の学校の減築のプロジェクトも進行中である。現場監理の帰路に名古屋に立ち寄ることが多くなる。
e0079037_1814790.jpg

e0079037_1759249.jpg
e0079037_180334.jpg

by noz1969 | 2010-08-30 11:38 | 日記
<< 日本民家園へそして茅葺きの可喜庵へ 緑のカーテングランプリ??!!! >>