緑のカーテングランプリ??!!!

昨日も炎暑のなか、地元経堂の恵泉通りを散策中にかなりレベルの高い「緑のカーテン」を発見する。経堂のパトリック・ブラン氏が存するのである。しかもこれは季節限定の風物詩であり室内進入エネルギーの大幅削減という実利をもたらす上、ここに植えられているゴーヤは夏ばての防止に も抜群の効果をもたらすはず。
(効用下記)
これを農業というのはいささか気が引けるが、見ように拠れば立派な農業でもあろう。今年は昨年に比べ大分多くの家々の窓辺を覆う「緑のカーテン」 を見かけたように思う。我が家の西北窓を覆うゴーヤもそろそろくたびれてきつつある。この夏もちらちらと陽のもれる午後の室内はこれにより大分落ち着いた風情であった。その葉漏れ陽のなかゴーヤの収穫時期の確認も忘れなかった。酷暑ももうしばらくであろう。

独特な苦味があるので、好き嫌いが分かれる野菜として知られ、種子に共役リノレン酸を含むことが知られている。主に未成熟な果皮を食用とし、ビタ ミンCなどの水溶性ビタミンを多く含むことや、健胃効果もある苦味(苦味成分として、モモルデシン(momordicin)を含む)のため、近年 では夏バテに効く健康野菜・ダイエット食品としての認知度が上がり、日本全国で栽培されるようになった。

e0079037_1438539.jpg

by noz1969 | 2010-08-19 14:38 | 日記
<< 安城のドミノ 田中文男さん逝去 >>