オオイタビ

オオイタビとはくわ科、ブロック塀などを覆い尽くす。つる性の植物。鹿児島、知覧の独特の光景がこれによるものだ。なんとなく葉の小さめ、密集する姿を寺の塀などで見ていたのだが先日都内のとあるところで集合住宅?のファサードがこれによって覆われているのを発見おどろいた。ここでは壁に密着するというより空中に向かって繁茂し大きく茂るところは一メートルほども突出しているように見える。葉も通常のものより大きいもののようでイチジク属というだけあり大き目のイチジクに似た実もなっていた。あまりの光景で巧まずして出現した パトリックブラン=ケ ブランリーであった。これだけの緑化が維持されているところを見ると室内の気候にかなりの効果をもたらしている可能性があろう。そうでなければ撤去されてふしぎはないのではないか。一度中を見たいものである。
e0079037_1036782.jpg

by noz1969 | 2010-03-08 14:46 | 日記
<< 愛知県立芸術大学 飯田市エコハウス建設見学会と講演会 >>