鎌倉近美

昨日は近郊大移動であった。相模原の自宅からまずは町田へ、八王子を経由し立川へ行く。バスで立川市役所の現場に着く、ここが昼までの滞在地であった。打ち合わせ、現地での確認の後、昼飯を取りバスにのり再び立川駅へもどり、中央線特別快速で新宿へむかう。中央線の高架化は半ばまでできている。風景の激変にも慣れた。新宿で湘南新宿ラインに乗り換え今度は逗子に向かう。逗子駅前でバスに乗り次の目的地「逗子小坪の住宅」へ。ここの改修工事の状況を確認する。この住宅は昨年所有者が変った。新しいオーナーから住まいの手入れを依頼されたのである。これは私たちにとりとても嬉しい事態であった。今回の改修はほぼ竣工している。厨房裏にあったユーテリティは二十数年を経て改変されていた。竣工当時、木造の簡単なものであったことにより朽ちてしまった結果であったのだろう。これが今回、姿を変えて復元されたのである。旧の姿に近いものとして復元したことがなにより嬉しい。
その後、鎌倉近代美術館へ赴く。今日がプレオープン、あすからここ坂倉さんの代表作での「坂倉準三展」である。天候は幾分ぬれるが傘のいらないほどの曇天であったが、周囲の緑がぬれて美しい。南の池の水面と美術館のピロティがこの緑に囲まれてここだけの景色である。この場でのオープンパーティはなんとも気持ちのいい仕立てである。多くの知己と会う。もちろん展示も充実している。例の「戦建」、プルーベの木造版が庭に復元されている。帰途、国大で教えた現在坂倉事務所に勤めるW君と一緒になる。あれこれ近況を聞く。その後、鎌倉、大船、藤沢を経由して相模原に帰着。ぐるっと東京神奈川を一回りしたことになる。
「坂倉展」はここと7月からは平行して「汐留」でも開催される。「鎌倉」が比較的大きな建築、「汐留」が主に住宅を展示することになるということだ。こちらも楽しみである。
by noz1969 | 2009-05-30 14:03 | 日記
<< 六月 シンポジウムと見学会のご案内 >>